定治さんが行く コルドンブルー「桐谷」ちゃん編

  • これぞ高級店のおもてなし!品格漂いまくりなお嬢様がベ○ドでは激しく燃え上がりまくりイキまくりな110分!!!
  • あけマンしておめでとうございます。←たしかコレ去年も書いた気がする定治です。2017年もステキなお嬢様たちとのエロエロ体験を繰り広げてまいりたい所存でございますのでよろしくお願いいたしますでございまするハイ。ってかこのコーナーを始めて何年だ?え!もう5年も経ったの!?……とあわてて過去にいただいた女の子たちの名刺を数えたらざっと100人オーバー。
  • 「100人斬りですか。うらやましい限りですね」
  • と言うのはプーソースタイル営業マンH氏じゃないですか。「100人斬り」というより「100人斬られ」ですけどね私めの場合。
  • H「とはいえソープで遊ぶのが仕事、それが5年続くとは……男の夢ですなあ。プライベートではぜんぜん使ってないとの噂ですが」
  • じゃかあしい!だれが仕事用ち○こじゃ!プライベートでも使いまくりだっちゅーの乾く暇ないっちゅーの!!! ……ごめんなさい……強がりました……全然使ってないです……
  • H「定期的な検査代もウチが出してるんですから、定治さんのアレはウチが管理しているといってもいい訳です。なのでプライベートで使っちゃだめですよ!」
  • そんなムチャクチャな!まあ使う予定ないからいいんですけどね……で、2017年記念すべき一発目の取材先はどちらでしょう?
  • H「コルドンブルーさんです!」
  • お、めったに出てこない営業マンT島さん担当のお店ですね。
  • H「はい。当日はT島氏がご案内しますので」
  • 取材当日。待ち合わせ場所である吉原ローソンに向かいますと、クソ寒い冬でも七分丈ズボン、インチキAV男優ばりに日焼けマッチョな肌を露出しまくりなT島氏と合流。
  • T島「久しぶりっすあけおめことよろ」
  • 相変わらずの軽薄さ&インチキ臭いT島氏とお店に向かいます。
  • 「いらっしゃいませ!」
  • 数名のスタッフさんたちがにこやか&丁寧にお出迎え。そのままシックで豪華な待合室に通されますとやって来たのはコルドンブルー名物(?)の社長さん。何度も書いておりますがこちらの社長さんはメチャクチャ腰が低く、この業界では珍しいくらいギラギラしてない純朴&真面目な方。
  • 「あーいつもお世話になっております。今年もよろしくお願いします(ニコニコ) T島さんと定治さんのおかげで最近トイレも新しく出来まして」
  • いきなり「トイレが新しくなった」というのを嬉しそうに話す社長さん(笑)。そ、そんなそんな。それは私めどものおかげでもなんでもなく……
  • 「今回も女の子の人選を悩んだのですが……こちらの子でお願いいたします」
  • 桐谷さん22歳……お若いですが写真からも品格が漂う方ですなあ……。ではせっかくですのでそのお手洗いをお借りしましょうか、とご案内していただきますと……おお!たしかに人を感知して蓋がウイーンと開き、殺菌用のライト(紫外線?)がついている最新型になっております! 優雅な気持ちで小を済ませ各種除菌シートで全身をフキフキ。めちゃくちゃキレイでアメニティが充実している洗面所で身だしなみを整えて待合室に戻りますとT島氏が耳元でゴニョゴニョと……
  • T島「噂ですけどね……社長はお客様に喜んでもらうために私財を投じてまでお店をキレイにしているらしいっすよ」
  • まじっすか!エエ話や……。こちらのお店の常連さんや読者様の投稿を読んだ方ならご存知かと思われますが、こちらコルドンさんは電話対応、送迎等が丁寧なだけじゃなく、雨の日に傘を持っていない人には安いビニール傘じゃなく立派な傘をくれたりと細やかな「ちょっと気分が良くなる気配り」をしてくれ、女の子だけじゃなくトータルで「高級店に来た!」と実感させてくれる、吉原でも少なくなった本当の意味での高級店。それでいて気取ったところが一切なくスタッフさんもにこやかさん。なのになのに、そんなエピソードまで聞いちゃったらますますこのお店への好感度アップしちゃうでございますな……というタイミングでふたたび社長さんが。
  • 「それではご案内でございます(ニコニコ)」
  • T島「じゃああとはシクヨロで!」
  • 待合室を出て階段に続く廊下を進みますと……
  • 「桐谷です。本日はよろしくお願いいたします」
  • 黒ミニスカに白ブラウス。いわゆるコルドンブルースタイルで姿勢正しく深々とお辞儀をしている女性が。数メートル離れた先からでもスタイルの良さが確認できます。お辞儀していた頭が上がり、お顔が……ああ……やはりのお美人さん。その微笑みは若いのにキリっと落ち着きがある品の良さをかもし出しておりまする。いわゆる私めが「嬉しいのに緊張してしまいがち」なタイプのお美人様。そんな彼女に手を取られお部屋に向かいます。

次のページへ