定治さんが行く コルドンブルー「光」ちゃん編

  • スイートルームのようなお部屋でしっとり落ち着いたお色気美女と…ゴージャス気分を堪能しまくりの110分!
  • はいはいはいどうも!まじ卍な定治です(←とりあえず書いてみたかった。意味はわかってない)
  • H「今回の取材先ですが」
  • プーソースタイル営業マンH氏いきなり!
  • H「今回はT島さんの担当のお店でございます」
  • たまに出てくる営業マンT島氏の担当という事は……
  • H「コルドンブルーさんでございます!いつものように取材当日はT島氏がご案内しますので」
  • 取材前日に爪を切ってヤスリがけ。最近ハマっている爪磨きもしつつ就寝。取材当日朝シャンをキメ、マイチャリで吉原へ向かいます。日焼けした肌と筋肉を自慢するかのような露出度の高い……いわゆるひと昔前のAV男優のようないで立ちの営業マンT島氏と吉原ロー○ン前で合流。
  • T島「どもども。今回もドーンとバーンとオナシャス」
  • 二人でお店にチン入いたしますと、いつものスタッフさんたちがにこやかにお出迎え。以前も書きましたが、こちらコルドンさんはスタッフさんたちも皆ふんわり温かみのある接客をしてくださる方ばかり。本当の意味で余裕がある高級店の接客をしてくださいます(詳しくは『定治さんが行く』コルドンブルーさんのバックナンバー参照)。
  • そんなこんなで良い香りのするオシボリで顔面をフキフキし、お手洗いをお借りします。アメニティも充実しており、特にマウスウォッシュが常備されてるのが嬉しいですなあ。マイカバンからボディシートと洗浄綿を取り出し全身、特に股間を入念にフキフキ。待合室に戻りますとT島氏がアルバムを差し出します。
  • T島「今回は光(ひかる)ちゃんと言う子でオナシャス」
  • アナタはこのお店のスタッフさんですか。おお、お写真からも伝わる程のふんわりさんですなあ。
  • T島「です。僕もこないだチラっと挨拶したんですけどね、若いのに落ち着きがあってすごく礼儀正しい子っす」
  • と、ここでご案内の声がかかります。
  • T島「あ、今回のお部屋……VIPルーム抑えてもらったんで」
  • VIP?そんなお部屋ありましたっけ?
  • T島「入ってみればわかります」
  • 何の事やらわからぬままT島氏と別れ待合室を出、階段にさしかかると……
  • 「光です。よろしくおねがいします」
  • グレーのミニスカに白ブラウス姿のふんわりにこやかなお出迎え。私めの腕に両手で絡みつき、階段を昇ります。

次のページへ