まりあちゃんの体験レポート

レポーター名さぶ

投稿日2017/10/19

遊んだ日2017/10/18

このお店の利用は?3回目以上

女の子の選び方は?ネット指名

お店の電話対応は?★★★★★

お店への行き方は?タクシー・バス

女の子のプレイスタイル
  • 責め派
  • 受け身派
  • お仕事派
  • 恋人風
  • イチャイチャ
  • テクニシャン
  • 奉仕型
女の子のルックス
  • ロリ系
  • ギャル系
  • 妹系
  • お姉様系
  • 痴女系
  • 清楚系
  • セレブ系
  • お嬢様系
  • 学生系
  • OL系
女の子の性格
  • 優しい
  • 活発
  • 甘えん坊
  • 天然
  • マイペース
  • 気配り屋
  • 情熱的
  • エロオーラ
  • 真面目
  • シャイ
  • 職人肌
  • 隠語好き
女の子の特徴
  • 美乳
  • 巨乳
  • 爆乳
  • 美尻
  • 美脚
  • スレンダー
  • スタンダード
  • グラマラス
  • 高身長
  • 低身長
  • 色白
  • 美肌
  • もち肌
  • 名器
  • 敏感
  • アエギ声大
  • 潮吹き
待合室・受付の流れ
とあるお店のとある姫に入れた姫予約がドタキャン(泣)
仕事は休んじゃったし、もうすぐそこは千束四丁目だし。
以前、遊んだ帰りのアルバム見学で立ち寄ったグランプリさんの入店直前という姫のアルバムを思いだしました。
ホームページで出勤をチェック、ビンゴ!
早速電話をすると「大丈夫です」とのお返事。
当日予約だったので、お店のスタッフブログの指名料無料割引で登楼できました。
予約時間まで待合室でゆっくりしてからのご案内となりました。


お相手の印象
アルバムどおりの小柄で可愛い姫です。
大きなオ○パイに小さなピンクのチ○ビ、Nはキツキツの名器でした。
短く手入れされたYラインからIライン、ビラビラも極小なピンク色。
感度も良好でク○トリスが特に敏感で何度も昇天してくれます。
イチャイチャ接客で癒やされました。


プレイ内容
階段下で笑顔のご対面、並んで歩いてお部屋まで
ベ○ドに座った小生の前に座ってモジモジしています。
「お店慣れた」
「今日で2日目なんで、まだまだです」
「エ○チ好き?」
「エッ、すっ、好きかな・・・ でも、プライベートでは3人だけなんすよ」
「じゃぁ小生で何人目?」
「う~んと、7人目です」
モジモジ、ニコニコ和みます
ここまでの展開でなんとなくわかりました
なので、自分で脱ぎます
自分で脱ぎながら、抱き寄せた姫のワンピースのファスナーを下ろして脱がせます
小生は全裸に、姫は下着姿に
キス、ベロチュ~
ブラの上からオ○パイを揉んだりしてイチャイチャを楽しみます
背中に回した手でブラの背中を外すと、プリ~ンとオ○パイが
キスを中断し、綺麗なピンク色のチ○ビを愛撫
「ああっ」(小声)
全身を震わせながらの小さなあえぎ声が
姫が抱きついてきてキス
「舐めてくれる」
うなずく姫
両方のチ○ビをゆっくりと舐めてから愚息に
先からゆっくりと口に含み、○頭の周りをぐるぐると舌で舐められます
手で袋をフェザータッチ
「玉も気持ちいいね」
「舐めてもいいですか、気持ちよくなって貰えて嬉しいです」
「うん、舐めてくれるかな」
袋をベロベロしてから玉を口に含み軽く吸われました
そんなこんなで姫のお口を堪能して攻守交代でベ○ドへ

両方のチ○ビを舐めながらベ○ドに押し倒してク○トリスを探るとヌルヌルのNで硬く尖っていました
ク○トリスに指先が触れた瞬間、全身をビクッとさせて
「いいっ」
チ○ビから口を離し、姫の秘所を観察します
気持ち良さそうなビラビラが少し
ちょっと長めの包皮に包まれた小さなク○トリス
綺麗なピンク色の割れ目
ク○トリスめがけて唾液を垂らしてからゆっくりと舌をのばします
優しくなめると
「ああっ、いいっ」
「気持ち良いの?」
「はい」
舐めます
「いいっ、ああっ、いいっ」
「どこが気持ちいいの」
「あそこ」(小声)
「ク○トリスだよね、ちゃんと言ってごらん」
「えっ、はずかしい、近くに来て下さい」
姫に抱き寄せられて、小生の耳元に口を近づけて
「ク○トリスです」
舐めます
「あっ、あっ、いっちゃう、だめ」
「いっていいよ」
「だって、わたしだけ...」
舐めます
「あ~」
全身を激しく痙攣させ、腰を突き上げなら昇天しました

指をNに
G○ポットを刺激します
「ああっ」
「気持ちいいの」
「はい」
「お○○こ気持ちいいんでしょ」
「はい、お○○こ気持ち良いです」(小声)
小声でしたが、ちゃんと言えました(笑)
奥を刺激していると
「えっ、あっ、おしっこ出ちゃいます、ダメです」
「大丈夫だよ、潮○いたことないの」
「ありません、ああっ、本当に出ちゃいます」
手のひらにチョロっとだけ暖かいものが
「ああっ、もうダメ、ダメです」
躰を起こして懇願されましたので、今日はここまで

「ねぇ、○れて下さい」
「ちゃんと言ってごらん」
「お○ん○んをお○○こに○れて下さい」
ちゃんと言えるようになりました(笑)
小生自分でS着、ゆっくりと挿○すると
「あっ、○ってくる」
「大丈夫?ゆっくりいれるからね...奥まで○ったよ」
「あっ、奥に当たる、ああっ、奥、気持ちいい」
「痛くない?」
「はい、凄く気持ち良いです」
頬をピンクに上気させて感じている姫はとても可愛いです
ゆっくり動きながら指でク○トリスを転がしていると
「ああっ、いっちゃう、ダメ、待って、ダメ」
「いっていいんだよ」
「だって、私だけ」
激しく動いて、奥を突いてあげます
「ああっ、いく~!」
またまた、激しく腰を突き上げて昇天しました

「あれっ、あっ、あ~、抜けちゃった」
○れ直して続けて責めていると
姫が急に静かになりました
・・・ん!
「ねぇ、息してる」
「えっ、あっ、私、気持ちよすぎて息してなかった」
びっくりしました。
さらにこのあと、姫が過呼吸になったので休憩をしていると、無情にもコールが「!」

姫が可愛かったので最初のイチャイチャ、ペロペロで時間配分間違えたみたいです
小生的にはまだ1時間ぐらいの感じでしたが、楽しい時間はあっという間に過ぎるのもですね
そんなわけで姫を抱きしめて、激しく突きます。
「えっ、あっ、これダメ、ダメ、あっ、あっ、しぬ~」
発射。
小生初めてエ○チしていて「しぬ」と言って貰えました。
素直に嬉しいです。

はい、自分で後始末をして
さっと洗ってもらい、着替えながら姫に尋ねます。
「ねぇ、今日は気持ちよかった?」
「はい」
「どのくらい?」
「今までで一番気持ちよかったです」
というわけで、経験人数7人ながら1番の評価をいただきました(笑)
その間にもコールが2度
名刺をもらって再会をお約束
階段下まで手をつないで、お別れしました
このお店の良いところ
ボーイさんの丁寧な接客
姫の質が一定以上で外れない
素人姫と遊ぶならここ

定治チェック
常連投稿者さぶさん、いつもありがとうございます!

なんですか、ちょっと~今回いつにもまして
さぶさんの独り舞台みたいになってますよ(笑)

ただ「死ぬ~」は素晴らしいですね~AVみたいです(笑)

またいつものルーティーンも恥じらい満載だったから
余計に興奮しちゃったんじゃないでしょうか(笑)
個人的には抱き寄せてからの耳元でっていうのがツボでした(笑)
ぜひとも!また死ぬほどイカせてあげてほしいですね!
それでまたの投稿をお待ちしております!

40ポイント進呈