ステラちゃんの体験レポート

レポーター名花平バズーカ

投稿日2017/06/15

遊んだ日2017/05/07

このお店の利用は?3回目以上

女の子の選び方は?フリー

お店の電話対応は?★★★★★

お店への行き方は?送迎車

女の子のプレイスタイル
  • 責め派
  • 受け身派
  • お仕事派
  • 恋人風
  • イチャイチャ
  • テクニシャン
  • 奉仕型
女の子のルックス
  • ロリ系
  • ギャル系
  • 妹系
  • お姉様系
  • 痴女系
  • 清楚系
  • セレブ系
  • お嬢様系
  • 学生系
  • OL系
女の子の性格
  • 優しい
  • 活発
  • 甘えん坊
  • 天然
  • マイペース
  • 気配り屋
  • 情熱的
  • エロオーラ
  • 真面目
  • シャイ
  • 職人肌
  • 隠語好き
女の子の特徴
  • 美乳
  • 巨乳
  • 爆乳
  • 美尻
  • 美脚
  • スレンダー
  • スタンダード
  • グラマラス
  • 高身長
  • 低身長
  • 色白
  • 美肌
  • もち肌
  • 名器
  • 敏感
  • アエギ声大
  • 潮吹き
待合室・受付の流れ
久しぶりに行くと指名してたNo1の子が退店しちゃってたので、似たタイプの子を店員さんにすすめられて入りました。

お相手の印象
初めて会った時にまず目がいくのはその巨乳。
顔立ちも優しい笑顔で綺麗なOLさん風。
プレイ内容
軽く挨拶して手を繋いでお部屋へ。
にっこりと笑いながらアシスト脱衣でタオル1枚に。
タオルの上からだとさらにおっきなパイオツにむしゃぶりつきたくなるけど、そこはグッと我慢。

さりげなさを装いながら唇を重ね舌を絡ませながら彼女の反応をみます。
目をトロンとしながら強く抱きしめ激しく舌を絡ませてくる姿をみるとHが大好きなのが分かります。

ここでいよいよお待ちかねのパイオツへ。
前から少し触りそのあと後ろへまわりゆっくりと揉んだりビーチクをつまんだり。
彼女の吐息、「あっ、あっ、あ~ん」という声に自分のアレも反応しちゃいます。
でもまだまだ彼女には触らせません。

たったまま揉んで舐めてつまんでとコレが巨乳ちゃんとの楽しみです。
十分に堪能した後、股間に手を伸ばすともううっすらと透明な糸を引いてます。
そのスジをなぞりながら彼女に視線を向けると「イジワル」って言いそうな表情。
花平「なんでこうなってんの?」
ス「わかんない」
花平「でももうびっちょりじゃん」
ス「えっ、えっ、だって…」といいながらモジモジする彼女。

ス「私も触りたい」
花平「何を?」
ス「いや~ん、アレを」
花平「アレじゃわかんないよ」
ス「イジワルしないでよー」
っていうようなやりとりをしながらシャワーへ。

でもまだまだ触らせません。
アソコ以外は丁寧に洗ってもらいます。
物欲しそうにみる彼女に興奮しながら、ここでようやく彼女の手を掴んで股間へ。
やっと触れたという表情の彼女。
花平「やったね」
ス「うんやっとだ」
両手で丁寧に愛おしそうに洗ってくれる彼女。
流し終わった後、パクッと咥えそうになるのを静止。
花平「まだダメ」
ス「えー」
お預け状態の彼女と湯船へ。

ここでまったりと話しながら彼女の眼前に自分のアレを出現させます。
花平「好きにしていいよ」
ス「やったー」と嬉しそうにむしゃぶりつく彼女、潜○鏡のスタートです。
一生懸命にズボズボする姿に惚れ惚れしちゃいます。
じっくりと堪能した後はマ○トへ。
パイオツを揺らしながら丁寧に用意する彼女の後ろ姿はたまりません。
思わず後ろから襲っちゃいたくなります。
ゆっくりとスジを撫でるとHな声を流しながら懸命に耐える彼女にまたまた興奮します。

仰向けに寝ながらマ○トプレイのスタート。
もう思いっきり彼女に身をゆだねて舐めまわされます。
ビチョビチョと音を立てながらゆっくり激しく吸ったり舐めたりに自分のアレも興奮しっぱなしです。
立てに横に前に後ろにとロー○ョンでべっとりとなりながらお互いに気持ち良くなっていくのが分かります。
もう自分のアレも○れたくてしょうがないって状態です。
彼女も欲しそうにアレを触る手が激しくなってきます。
花平「もう欲しいでしょ。」
ス「ウン、もう欲しくてたまらない」
花平「何が欲しいか言ってみな」
ス「アレが、おち○○んが」
花平「じゃあやりたいようにしていいよ」
仰向け戻り帽子を装着してゆくーりと上から挿○してもらいます。
○った瞬間わかる気持ちよさ。
いい感じの締め付け具合に悲鳴をあげそうな自分のアレ。
眼前のゆさゆさと揺れる巨乳にハンパない腰使いはたまりません。
ス「あっ、あっ、気持ちいい~」
彼女の声と身体に反応しまくりのアレ。
我慢できなくなり発射しちゃいました。
じらしにじらしたのに、気持ちよすぎてはっちゃけてしまった自分のアレ。
ちょっと情けなくなりながらも、気持ちよかったから良かったかと自分自身を納得させます。
シャワーを浴びて体を拭いてもらってると瞬く間に復活するアレ。
彼女にハマっちゃったみたいです。
花平「まだ大丈夫?」股間を指さしながら「またステラちゃんのNに○りたいって言ってるんだけど」
ス「私もまだまだしたい」
といいながらベ○ドへ。
もう頭の中も身体も彼女で一杯で、キスをしながら巨乳にむしゃぶりつきます。
いつもだったら元気一杯のアレを彼女の股間に押し付けながらじらすのですが、今回はもう我慢できずに一気に突き刺します。
発射してから数分しかたってないのに、またまた気持ち良すぎて正○位のまま2度目の発射。
彼女の身体と吐息、Hな声に自分のアレも耐え切れませんでした。
こんなに気持ちよかったのは初めてかも。

シャワーでまた体を流しちょっと一服してると時間に。
最後にハグしてキスして最初と同じようににっこり笑ってる彼女にバイバイ。
その時またまた自分のアレは反応してました。

このお店の良いところ
今まで指名してた子も良かったけど、ステラちゃんの方が良かったかもと店員さんにお礼を告げお店を後にしました。
次も必ず指名します。


定治チェック
花平バズーカさん、二回目の投稿ありがとうございます!

焦らしに焦らしまくっていた花平バズーカさんですが…その焦らしに自分自身が耐えられなくなってしまった(笑)

いやいや、むしろ途中までよく焦らしましたよ!
また彼女もノリノリ…というか、本当に触りたかったんでしょうねぇ(笑)
ただ○れるのを焦らすのはよくありますが…触らせるのを焦らすっていうのは
相当の覚悟が必要かと思います!(笑)
まぁその焦らしのおかげで(?)すっかり彼女にハマっちゃったようなので!
今度は逆に…焦らされてみてはいかがでしょうか?(笑)

それではまたの投稿をお待ちしております!

35ポイント進呈