宮沢ひよりちゃんの体験レポート

レポーター名ランサー

投稿日2017/12/05

遊んだ日2017/12/01

このお店の利用は?初めて

女の子の選び方は?フリー

お店の電話対応は?★★★★★

お店への行き方は?最寄駅から徒歩

女の子のプレイスタイル
  • 責め派
  • 受け身派
  • お仕事派
  • 恋人風
  • イチャイチャ
  • テクニシャン
  • 奉仕型
女の子のルックス
  • ロリ系
  • ギャル系
  • 妹系
  • お姉様系
  • 痴女系
  • 清楚系
  • セレブ系
  • お嬢様系
  • 学生系
  • OL系
女の子の性格
  • 優しい
  • 活発
  • 甘えん坊
  • 天然
  • マイペース
  • 気配り屋
  • 情熱的
  • エロオーラ
  • 真面目
  • シャイ
  • 職人肌
  • 隠語好き
女の子の特徴
  • 美乳
  • 巨乳
  • 爆乳
  • 美尻
  • 美脚
  • スレンダー
  • スタンダード
  • グラマラス
  • 高身長
  • 低身長
  • 色白
  • 美肌
  • もち肌
  • 名器
  • 敏感
  • アエギ声大
  • 潮吹き
待合室・受付の流れ
 定治さん、編集部のみなさん、こんにちは。北関東から遠征を続けているランサーです。
前々回の投稿の後に、定治さんから「ポイントもうまくご利用くださいね!」とのお言葉をいただき、早速ですが入浴料無料券を申請させていただきました。(非常にスムーズな対応、ありがとうございました。)
大変満足のいく体験ができましたので、報告いたします。
選んだお店は「プレジデントクラブ」さん。入浴無料券を発行していただける熟女店は、他にR店がありますが、こちらは一度登楼したことがあるので、今回はプレジデントクラブを初体験してみようと考えた次第です。
さすが高級店。電話での対応も丁寧で、ソープスタイルの無料券の使用希望もすんなり受け付けていただきました。
当日2時間前に確認電話を入れ、最寄り駅から徒歩でお店に向かいます。
ソープ歴の浅い小生ですが、「乳より尻好き、くびれが欲しい、攻め派なので受けてくれる嬢が好み」という自分自身の性向に、最近気付き始めました。なので、今回、好みに合いそうな嬢のたくさん出勤されている日を狙いました。
木製の、ちょっと秘密クラブっぽさのある扉を開けて店内に入ると、対面式のソファーの待合室に案内されました。同志の姿はなく自分ひとり。今日はすいているのかと思いましたが、後続の方や上がりの同志が次々と案内されてきました。
ボーイさんの持ってきたアルバムは4枚。残念、第一候補と第二候補の嬢はありません。でもよかった。候補の一人として心づもりをしていた「宮沢ひより」さんが入っています。
今回の登楼は、自分としてはお店の偵察も兼ねていましたので、候補の嬢が入っていなくてもそれはそれで仕方がないと考えていました。なので、候補の一画の嬢に入れるのはラッキーです。即決して、案内を待ちました。
お相手の印象
 15分ほどして案内の声がかかります。片膝をついて案内するボーイさんの前を通り、エレベータに入ると、紺色のワンピースのやや小柄な嬢が微笑みながらたたずんでいました。自分がそれほど大きくないので、小柄な嬢は大好きです。
「宮沢です。今日は選んでいただいてありがとうございます。」
「こちらこそ、よろしく。宮沢さんが空いていてよかったよ。」
HPの写真ではツンとした感じの美女でしたが、微笑む嬢は、もっと優しくかわいい感じです。
コートを預け、エレベータが動き出すと、体を寄せてきてFK…かと思ったら、舌が絡んできました。(え、初めからすごい!)定治さん、これが噂のエレベータ・プレイなんですね。「定治さんが行く!」や常連投稿者「モトさん」の投稿体験談にもあったので、どんなものかと思っていましたが、これはエロい。
(エレベータ停まるな!)念じましたが、無情にも4階に着いてしまいました。
「お部屋は右側です」このお店は各階に2部屋らしく、短い廊下の先がすぐ本日の対戦場所でした。

プレイ内容
 部屋に入るとひよりさん(ここからは宮沢さんをひよりさんと呼ばせてもらいます)、腰を下ろした小生の前の床に正座し、三つ指をついて挨拶です。さすが高級店の礼儀作法ですね。
「HP写真ではもうちょっとツンとした女性かと思ったけど、かわいい人でよかった」と伝えると、「そうなんですよ。冷たい感じの写真ってよく言われるんですよ」とニコニコしながらひよりさん。これはいわゆる逆パネマジってやつでしょうか。そのお声も、想像していたハスキーな熟女声ではなく、かわいい感じです。
服を脱がせてもらいながら、小生がMット大好きの一回派ということを伝えます。お風呂とMットを先にしていただくことになります。
紺色のワンピースの脇のファスナーを下ろしてあげて、嬢の脱衣をサポート。黒地に真っ赤なバラの花柄のブラとTバック、ガーター姿のひよりさんは、スタイル抜群です。
てっきり「それじゃ、お風呂に」ということになるかと思ったら、下着姿のひよりさんが小生の横に座り、体を寄せてきます。これは抱き寄せるしかないでしょう。
Kは当然ディープなそれ。互いに舌を絡み合わせると言うより、舌をこちらの口の中に、どんどん挿し込んできます。こんなに積極的なDKは初めてです。嬢のエロさにたじたじです。
でも、ここは反転攻勢。ブラをずらし、手のひらにちょうどいいひよりさんのOPをおさめ、チ○ビをツミツミ。
「ん、んー」声が漏れ出しました。
左右のチ○ビをハムハム、レロレロ。
左手をTバックの細い布部分に沿って這わせ、脇から指を差し入れると、
「ん、んー、いやあ-!」(んーにゃあと聞こえました W)
抜群の感度です。ウネウネと指をくねらせ、攻め続けると、
「だめだめ。すごい。逝っちゃうー」
ひよりさん、体をのけぞらせ昇天されました。
攻め派の男にとっては、理想的な女性です。
3回、4回と発射可能な同志なら、このままベ○ドで一回戦という流れなのでしょうが、
装填された弾数が一発の小生、ここはガマンして「そろそろお風呂に入らない?」と嬢を促します。
ですが、まだすんなり入らせていただけません。
「わたしばっかり、気持ちよくなっちゃって」と言いつつ、小生の前に跪いたひよりさんがブリーフに手を掛けます。Jrからの先走り液で黒く濡れているのを見ると、「うふふ、こんなになってる。」ブリーフを脱がせ「かたーい。うれしい」 即Sです。
亀○に口づけした後、玉ブ○ロをねぶり、Jr全体をお口に含んでくれます。
長い舌が亀○や棹裏を這い回ります。上目遣いの表情がエロい、そして超絶気持ちいい。
すっきりとした背中、ウエストのくびれからボリューミィなヒップにかけての眺めも絶景です。
このままではひよりさんの口の中に発射してしまいそうです。浴槽からもうずいぶん溢れているお湯も気になります。再度、お風呂へと促すと、ひよりさん、ようやく体を離してくれました。
Iスに座って、洗っていただきます。
愛おしそうにJrに手を這わせていたと思ったら
「ねえ、ちょっとだけ○れてもいい?」とおねだり。
後ろ向きになったひよりさんのヒップの谷間、濡れた紅い秘所がJrに近づき、そのままIN。きつく、ザラツキも感じます。
「ん、ん、あん、あん」
Iスでの○入は初めてでした。
しばらく腰を打ち付けた後、体を離し、促され湯船にドボン。
浴槽の縁に腰掛け、淑やかに体を滑り込ませてきたひよりさんと、舌を絡み合わせます。腰を持ち上げられ潜○鏡。ここでもねっとりと舌を這わせていただき、こちらからも少し攻めさせていただきました。
 続いてお待ちかねのMットです。
「このお店は業師のお姉さんが多いんだけど、わたし、特別な技がないんですよね。ごめんなさい」
「オレ、Mットでイチャイチャが好きなんだよね。だから全然だいじょうぶ」
なんて話しているうちに準備ができ、Mットの上にうつぶせになります。
温かいロー○ョンが背中に注がれ、背中でひよりさんの体が踊ります。耳元にひよりさんの吐息がかかり、唇が首筋から背中、そして下半身へと降りていきます。そうやって攻めながら、気づくと小生のかかとに秘所を押し当て、モジモジと動かしているではありませんか。エロい、この嬢、とてつもなくエロい。
やがて、舌は小生のア○ルへ、そして両手はサワサワとJrをまさぐります。悶絶しそうです。
こうなるとこちらからも攻めたい。片手を伸ばし手に触れるお尻や足をサワサワしますが、ひよりさんのきれいな体は見えないし、どうにもまどろっこしいので、「表になっていい?」と申し出ます。
「え、まだご奉仕したいのに」ちょっと不満そうなひよりさん。
上向きになった小生のJrを頬張ってくれますが、「ひよりさんのかわいいところ、なめたい」と申し出て69に。
○毛に縁取られた卑猥な色の秘唇のまわりから唇を這わせ、徐々に中心に、そして小さめなク○を舌で攻めます。
「あ、あ、あん、あーん」Jrから口が離れ、鳴き声が次第に大きくなります。
「すごい、すごい、いー、逝くー」
倒れた体を、起こしたひよりさん
「お○○こ熱い。○れていい?」
背面騎○位でIN。紅い秘唇にJrがくわえ込まれていくのが見えます。
「○っているとこ、見える?…あん、きもちいー」
こちらからは突き上げ、嬢は上下動にグラインドを交えて攻め合いますが、しばらくして嬢がこちらに向き、見つめ合って騎○位に。OPをもみ上げ、チ○ビを指でいじりながら突き上げていると、
「あん、あん、いー、逝く-」
倒れ込んできたひよりさんとまたDK。舌を絡め合った後、上も下も体を離し、
「そろそろベ○ド、行かない?」と訊ねると、
「決めて…」 (え?ここで発射まで?)「オレ、ベ○ドで決めたい」
「ランサーさんが、どっちにするか決めて」
何だか、話がかみ合わなかったのもおもしろかった。
ところが、ベ○ドに移るはずが、ひよりさん止めてくれません。
「わたしばっかり気持ちよくなっちゃって。わたしがちゃんとできないから」
なんてつぶやきながら、小生の下半身を攻め続けます。となればこちらも応戦です。
顔の横に伸ばされていたひよりさんの足をつかまえ、指をペロリ、そして親指をパクリ。
するとひよりさん
「噛んで、歯を立てて」なんて喘ぎながら言うではありませんか。
その後、足裏マッサージをしてもらい終了となったのですが、なんとも濃厚なMットでした。こんなのは初めてです。
 タオルの上からシャワーをかけてロー○ョンを落としていただき、湯船につかって残りのロー○ョンを洗い落としていると、ひよりさんも入ってきて、また濃厚なDK。
 体を拭いて、ようやくベ○ドで小休止。
黒地に花柄のキャミソールだけを身に着けたひよりさん、体を寄せKをせがんできます。かわいくてたまりません。
舌を絡ませた後、嬢の体を横たえ、耳たぶから攻めていきます。
首筋、肩、脇の下、そしてピンクのチ○ビへ。
「んー、あーん」感度抜群のチ○ビをしばらく舐め回した後、脇腹を通って、秘所へ。
溢れかえっている蜜を舌で掬いながらク○をチロチロ、ムグムグ。
指を一本から二本と加勢させて秘壺をかき回すと、
「あ”ー! いやー!」絶叫です。
Nのざらつきがはっきり分かります。これは「数○子天井」ってやつでしょうか。
さらにかき回していると、
「逝っちゃう、逝っちゃうー」
体をのけぞらせて、何度目になるのでしょう、昇天されました。
トロンとした目で、小生を見上げ、
「お○○こ、あつい。お○○こに、欲しいの」と、ひよりさん。
グチョグチョの秘所に、猛り狂っているJrをあて、入り口で焦らした後、ズブズブ。
絶叫を聞きながら、正○位でJrを打ち付け、かき回した後、バ○クに。
ボリューミィなヒップにJrの出○りする卑猥な音を聞いているうち、込み上げてきました。
「ひよりさん、オレ、逝くね」
「奥に、奥にちょうだい」
ドクン、ドクン、ドクドク、濃い白濁液を注入しました。
発射の後も腰を動かしていると、
「うーん」ひよりさんも逝ったのでしょう、枕に顔を突っ伏しています。
ヒクヒク動くNの余韻を味わった後、ゆっくりとJrを引き抜くと、
気だるそうに体を起こしたひよりさん、お清めフ○ラをしてくれました。
「ありがとう。気持ちよかったよ」と伝えると、
「じょうずだから、わたしばかり気持ちよくなっちゃった」
と嬉しいお言葉。
「時間だいじょうぶだからシャワーしましょう」と言うので、局部を洗っていただき、うがいもして、そろそろ着替えようか? と、そのタイミングでコールが。
「え、わたし、時間、間違えてた」
セルフで、さっさと着衣。天然のところもあるひよりさんでした。
「今日は、宮沢に愛の手をさしのべていただき、ありがとうございました」
名刺をいただき、エレベータでギュッとハグ、そしてK。名残惜しいお別れでした。

抜きどころ満載の120分。半端ないエロさの美熟女でした。
弾数が多く、早撃ちの同志なら、3回、いや4回は確実でしょう。
小生も再訪必至です。
ただ、上がりの待合室でタブレットを見せていただき、他にも入ってみたい嬢が何人も見つかりました。うーん、どうしようか。

このお店の良いところ
 定治さん、プレジデントクラブ初登楼、大成功でした。
(これも定治さんが、ポイントも利用しましょうと、背中を押してくださったお陰です)
プレジデントクラブさんは、小生が普段通っている店よりちょっとお高いお店ですが、店員さんの対応も丁寧ですし、部屋も高級感が漂っていました。なんと言っても、エロい美熟女がそろっているのがお勧めですね。
資金を貯めて通いたいと思います。

定治チェック
常連投稿者ランサーさん、いつもありがとうございます!

ならびにソープスタイルの無料券を使用していただきまことにありがとうございます!
ついに「プレジ」さんデビューしちゃいましたか!

毎回素晴らしいレポをいただいてますので…ポイントは
大いに活用して、ご自身のソープライフを充実したものにしてほしいですよね!
また今回のように、新たな新規開拓のお手伝いもできましたので!
こちらとしてもお役に立てて光栄であります!
これでまた楽しみがひとつ、というかいっぱい増えましたね!
誰と遊ぼうか選んでるときも含めてソープ遊びですからね!

それではまたステキな嬢に出会いましたら、ご投稿もよろしくお願いします!

40ポイント進呈