定治さんが行く ローテンブルク「西崎衣奈」ちゃん編

  • もはやソープの域を超えている!? スキモノ感満載の美淑女とお互いのカラダを貪りまくり!プレイ後に放心してしまう程濃厚すぎたドロドログチョグチョ120分!!
  • THE・年末! 師走ですよみなさん! いやはや2016年も各お店・女の子、そしてこのコーナーを読んでお店に遊びに行ってくれた方々にはたいへんお世話になりました(回転しながら360度深々とお辞儀)。
  • H「ぐへへへへ、今年もかなりの経済効果をもたらしたんじゃないですか?」
  • お、そのゲスい笑いはプーソースタイル営業マンのH氏じゃないすか。そう思っているのならナスボー的なやつをですね。あ、贅沢は言いません、3桁万円くらいでいいっすよ。
  • H「3桁万円じゃないっすけど賞与あげたじゃないですか!」
  • あ、口座に謎の入金があったのはそれだったんですね?
  • H「ったく、風俗ライターにボーナスあげる会社なんてないですよ!」
  • たしかにアダルト業界は外注スタッフを安使い・ズル使いする悪徳企業もたくさんありますからなあ……
  • H「それに比べて定治さんの原稿料はアップしてるし、莫大な賞与まで……ウチはなんて優良企業なんだ……」
  • 莫大は盛りすぎ……あ、でもありがたいことでございます無事に年を越せるでございます。
  • H「でもって今年最後の取材先が決まりましたよ」
  • おお!2016年を締めくくるお店はどちらでしょうか?
  • H「ローテンブルクさんです!」
  • おお!高級淑女店!ローテンのブルクさん!!!こりゃまた最後の最後で濃いお店を……
  • H「これは年末にアップされる……」
  • ん?原稿がアップされんのいつでしたっけ?
  • H「大晦日っす」
  • 大晦日にプーソースタイル見る人なんて……
  • H「失礼な!大晦日からお正月にかけて『姫初めは誰にしようか』とたくさん見られる時期なんですよ!今回も気合入れてイって来てくださいね!!!」
  • そんなこんなで取材当日。バックナンバーをご覧になっていただければお分かりですが、今回おじゃマンいたしまするローテンブルクさんは、しっとりとした熟女……いや、セレブ淑女が濃厚なサービスをこれでもかとばかりに……な高級店。過去の思い出ですでに股間を膨らませながらお店にチン入いたします。
  • 「んむふふふ、やっと来てくれたねえ」
  • ローテンブルク名物(?)ダンディ社長がお出迎え。本日もオールバックがビシっと決まっておりまする。社長直々に待合室にご案内。
  • 「今回もどの子にしようか悩んだんだけどねえ……この子で」
  • とアルバムを。ふむふむ西崎衣奈さん……こりゃまたお綺麗な方っすなあ……。これまで遊んだお客様たちの感想は?
  • 「女の子によって『ベ○ドが良かった』『Mットが良かった』いろんな感想を頂くんだけど、彼女の場合は最初から最後まで、プレイはもちろん気遣いも含め総合的に褒められるタイプだねえ」
  • なるほど、それだけこのお仕事に対する意識が高い方なのですな。
  • 「そうだね。でも……定治さんならわかってると思うけど……」
  • お仕事お仕事してないと(ニヤリ)
  • 「(ニヤリ)ウチが今年最後の取材なんでしょ? 今年もいろんなお店に行ってたいへんだったと思うけど、今日は仕事と思わず楽しんで癒されてくださいよむふふふ」
  • ありがたや……と共に自身がないとそんな事言えないでしょうから、今回もきっとステキな方なのでしょうなあ……。お言葉に甘え、思う存分楽しみたいと思います……っと、楽しむ前にアレだ。お手洗いをお借りしてのお清めタイムだ。過去の体験でも皆さんしょっぱなからフルスロットル全力プレイだったので、いつにも増して念を入れ股間、全身、顔顔面を各種シートでフキフキ(当然ながら朝シャン済み)。待合室に戻り少々経ったところでご案内の声が。階段へと続くゴージャスな廊下を進むとその先には……
  • 「初めまして西崎です」
  • 姿勢良く、深々とお辞儀をしているそのお顔が上がりますと、お写真のイメージよりずっと小顔。通常時はグラビアモデルの杉原杏璃、笑顔になると若かりし頃の近藤サトのような雰囲気の女性が。緊張しながら階段を昇りお部屋に向かいます……

次のページへ