早見ちゃんの体験レポート

レポーター名New Yorker

投稿日2017/06/15

遊んだ日2017/06/10

このお店の利用は?3回目以上

女の子の選び方は?ネット指名

お店の電話対応は?★★★★★

お店への行き方は?送迎車

女の子のプレイスタイル
  • 責め派
  • 受け身派
  • お仕事派
  • 恋人風
  • イチャイチャ
  • テクニシャン
  • 奉仕型
女の子のルックス
  • ロリ系
  • ギャル系
  • 妹系
  • お姉様系
  • 痴女系
  • 清楚系
  • セレブ系
  • お嬢様系
  • 学生系
  • OL系
女の子の性格
  • 優しい
  • 活発
  • 甘えん坊
  • 天然
  • マイペース
  • 気配り屋
  • 情熱的
  • エロオーラ
  • 真面目
  • シャイ
  • 職人肌
  • 隠語好き
女の子の特徴
  • 美乳
  • 巨乳
  • 爆乳
  • 美尻
  • 美脚
  • スレンダー
  • スタンダード
  • グラマラス
  • 高身長
  • 低身長
  • 色白
  • 美肌
  • もち肌
  • 名器
  • 敏感
  • アエギ声大
  • 潮吹き
待合室・受付の流れ
定治さん、こんにちは。気になったら居ても立っても居られない性分の小生、またまた「気になる奥様」に会いに行ってきてしまいました。定治さんから過日いただきましたご指摘どおり、活動状況が金銭的にちょっとアレかなと感じ始めている今日この頃。高級店2店舗分の経常的経費が削減できたとはいえ、今後はお財布に優しい活動を心がけていく所存ですのでよろしくお願いします。ということで今回のレポートも「気になる奥様シリーズ」で、その第三弾、試合会場はもちろんサンタモニカです。気になる奥様の出勤日をチェックいたしましたところ、丁度よく小生の休日と合致する日があったため即お店へ架電、希望日時で予約枠を確保。前日及び当日確認電話を経て、いつものように某駅から送迎車にて店舗入り。ちょっと早めの会場入りだったため受付を済ませてから少し待ちましたが、定刻より少し早めの時間にご案内となりました。
お相手の印象
カーテンをくぐるといつものように正面の階段下に本日のお相手奥様が佇んでいらっしゃいます、それも、とびきりの笑顔で。今回のお相手は早見さん…新人さんです。小生にとりましては、サンタモニカにおける対戦奥様〇〇人目にして初めての新人奥様、それも完全素人入店の奥様となります。ウェブサイトのプロフィール写真のミニスカートの後ろ姿、といいますか、ピタピタのミニスカートにくっきり浮かび上がった柔らかそうなヒップと、ムチッとした色白の太モモに、入店当初から目が釘付けとなっておりました。ソーププレイにおいて、お相手をリードすることは得意とはいえない小生、素人入店直後の奥様との対戦は極力控えて参ったのですが、サンタモニカのウェブサイトを毎日のようにチェックしておりました昨今、ついにどうにも我慢できなくなり、対戦を決意した次第であります。目の前でお出迎えしてくださっている早見さんは、ウェブサイトのプロフィール写真から小生が勝手に抱いていた「若妻」というイメージよりも「熟れはじめた(「熟れ切った」ではありません。)人妻」という感じ、プロフィール写真のようなボディラインをアピールするタイプの服装ではなく、むしろ、ボディラインを敢えて目立たなくするような、フワッとした白系のスカートにゆったり目のブラウスの出で立ちの、人当たりの良さそうな笑顔が良く似合う奥様です。「こんにちは、お部屋は2階になります」早見さんがニコニコしながら小生の手をとり、手をつないで階段を上がります。天気の話などのたわいもない会話の中でも笑顔が絶えず、人柄の良さがうかがえます。素人入店新人奥様ということで、上手くコミュニケーションがとれるかどうか、若干の懸念があった小生でしたが、そんな懸念を吹き飛ばし、本日の対戦も楽しいひとときとなりそうだという期待を抱かせてくれる早見さんの笑顔に、思わずニヤついてしまった小生、そのままニヤニヤしっぱなしで部屋に到着しました。
プレイ内容
部屋に入室し、小生がベ○ドに腰かけると、早見さんが小生の前に座り「あらためまして早見です、本日はよろしくお願いします」早見さんからまずはご挨拶、ここまで終始笑顔が絶えません。「NewYorkerです。こちらこそよろしくお願いします」小生も自然と笑顔となりながら挨拶を返します。小生はいつも初対面時の挨拶後は「前から会いたかった旨アピール」と「とにかくお相手を褒めちぎる」という先制攻撃を繰り出すのが常套手段なので、本日もすかさず先制攻撃を繰り出そうとすると「NewYorkerさん、素敵な笑顔ですね…さっき下でお会いしたとき、笑顔の素敵な優しそうな方だなぁって思いました。優しそうな方でよかったです。」と早見さん、いきなりお株を奪われたような褒めちぎり攻撃を受けた小生は出鼻をくじかれます。「いやいや、笑顔を褒められたことなんてあんまりないから、なんだか照れちゃうな。早見さんが素敵だからニヤニヤしちゃってたとは思うけど…スケベそうなニヤニヤ顔だったでしょ?」「そんなことないです、笑顔が素敵な方でよかったぁってホント思ったんです。笑顔の素敵なヒトに悪人はいないっていうでしょ?優しそうだし、おしゃれさんだし、ホント今日は出勤してよかったぁ」「なんだかそんな風に褒められちゃうと、変なコトできなくなっちゃうよ」「あははっ、エッチなことはどんどんしちゃってくださいねっ」「はいっ、ではお言葉に甘えて、そのへんは遠慮なくさせていただきます」「あははっ、楽しい方ですねっ。笑顔が素敵で優しくって楽しくって…ステキな方でホント今日はよかったです」褒められることにあまり慣れていない小生、なんだか調子が狂っちゃいますが、褒められるとやはり悪い気はしません、というか、むしろイイ気分です。「下でお会いしたとき、もうひとつ思ったことがあるんです。誰かに似てるなぁって…」「誰かに似てるって…芸能人とか有名人とかの誰かってこと?」「そう、誰かなぁってさっきから考えてるんだけど…ここまで出てるんだけど…名前が思い出せないの、なんか悔しいな…誰かに似てるって言われません?」「ん~、最近はあまり言われないけど、若いころは〇〇〇〇とか△△△△とかに似てるって言われたことがあるよ、これ言うと歳がバレちゃうけどね(笑)」「ああ~なんかわかる気がしますぅ~、わかるってことはわたしも歳がバレちゃう~(笑)でも、わたしが思ったのは違う方なんだけど…どうしても思い出せないわ、ほんと悔しい~」などとお互い服も脱がずにおしゃべりに花が咲き始めます。話題が豊富で、しかも世代が近いこともあり、自然と話が弾み、なかなか楽しいおしゃべりタイムです。それはそれでかなり楽しいのですが、なかなかエッチな雰囲気にならないまま、かなり時間が経過してしまったようです。それに気づいた早見さんが「あらっ、ごめんなさい、楽しいからついついおしゃべりばかりしちゃって…お風呂入りましょうか?」「うん、そうだね」「ご存じだとは思うんですけど、わたし素人入店なのでMットとかできないんです、よろしいですか?」「うん、それは承知で来てるから、全然かまわないよ」「ありがとうございます、わぁ、ホント優しい方でよかったぁ…じゃぁ、シャツからお預かりしますね」ようやく脱衣タイム…完全セルフ脱衣ですがきちんとたたんでくれます。セルフで小生がスッポンポンになると早見さんがセルフで脱衣…嬢のセルフで脱衣って、BODYをじっくりチェックできるところがイイですね…チラ見ではなく、じっくりと観察してしまう小生。早見さんは照明の明るさを落とすこともなく全裸になると、小生の熱い視線に気づき「恥ずかしい…脚、太いでしょう?」「いやいや何をおっしゃる、太いだなんて…プロフィール写真どおりのセクシーな脚…惚れ惚れしちゃうよ」「あの撮影の後、太っちゃったんです…お尻だって、ただでさえ大きくて、若いころからコンプレックだったのに、さらにお肉がついちゃって…」「いやいや、お尻ってのは大きい方がイイんですっ、イイに決まってる」「決まってるの?」「そう、決まってるの(笑)」「NewYorkerさんって、ほんとに面白い方ね…じゃぁシャワーあびましょうか」洗い場へ移動しスケベIスに座りシャワータイムとなりますが、小生をボディソープでキレイキレイしながらも早見さんは笑顔とおしゃべりを絶やしません。洗体中にいきなり会話が途切れたりすると手持無沙汰になりますけど、そんなことを全く感じないままシャワーが完了、二人で浴槽へ。もちろん混浴中も笑顔と楽しいおしゃべりが絶えません。ついつい長湯となりますが、のぼせたら大変ということで風呂から上がりフキフキ。おしゃべりが一段落したところで小生の隣に座り身体を摺り寄せてくる早見さん…「じゃぁ…そろそろ…愛してくださいますか?」いつの間にか早見さんの表情が「近所の明るい奥様」から「妖艶な女」に変わっています。「わたし…どうすればイイですか?」「うん、じゃぁ横になろうか」小生が早見さんをベ○ドに横になるよう誘導します。仰向けになった早見さんの肩を抱き、小生が顔を近づけていくと、早見さんが瞳を閉じ、小生の唇を受け入れてくれます。早見さんの柔らかい唇がヌルッと小生の上唇を、続いて下唇を包み、強すぎず弱すぎない力加減での吸引が心地よいです。時折舌を絡ませ合いながら、お互いの顔を右に左に交互に傾けながら抱き合い、背中をさすり合いながら、息継ぎをするのも忘れたかのように延々と唾液交換をする二人…なんだかものすごく満たされるキスです。唇を離し、耳元にキスしていると「キス上手いですね」と早見さんが小生の耳元で囁きます。「上手いっていうか…俺、キスが好きなんだよね…」「わたしもです」「早見さんのキス…すっごく素敵だ…大好きなキスだよ」「うれしい…わたしも…もっとキスして…」唇を重ねると、小生の背中に回された腕に先程よりも強い力が込められているのが感じられ、早見さんのキスが先程までよりもかなり情熱的なものに変化しています。小生は急激に興奮を覚え、早見さんの情熱的なキスに応え唇を吸い、早見さんを抱きしめます。「んぐっ…んんっ…」早見さんの口から漏れる声にならない声に一層興奮を覚えた小生、唇を吸いながら、早見さんの身体に巻かれたバスタオルの上からバストを撫でます。胸の先端と思われる部分に小生の手が触れると「んんっ…んぁっ…」と早見さんから漏れる声が少し大きくなり、その先端が既に隆起し始めているのが感じられます。興奮度計が上がりっぱなしの小生は唇を離し、早見さんに巻きついていたバスタオルを外すと、白く美しい乳房が小生の目の前に…その大き目の先端は、さきほど一緒に入浴した時よりも明らかに隆起し硬くそびえたっています。小ぶりではありますが美しい形のバストに直接触れる小生…柔らかい…すばらしい感触です。サンタモニカのプロフィールにおけるバストのカップサイズはおそらく正直表記であると小生は推測しておりまして、早見さんのバストカップサイズはB表記…これは他店におけるCもしくはDに相当するサイズであろうという小生の予想はズバリ当たりました…揉み心地抜群の形のいいオ○パイです。予想的中の嬉しさも手伝って早見さんのバストを揉みまくる小生、ガマンできずについにその先端を口に含みます。「んあっ…あっ…ああぁっ…あんっ…」顔を歪めながら身をよじりはじめる早見さん、それに伴って小生の口の中で早見さんの先端がどんどん隆起していきます。「オ○パイ…感じるの?」「はい…わたし…チ○ビが一番敏感なんです…あっ」「痛くない?」「NewYorkerさん…舌が柔らかくて…優しい舌遣いで…すっごく気持ちイイっ…」小生は唇を先端を唇に含んだまま、左手を早見さんのヒップに、右手を早見さんの内モモに伸ばし、揉みまくり、撫でまわし、舐めまくります。小生、対面前に早見さんのBODYで期待していたパーツはヒップと太モモでした。予想にたがわず大き目のヒップとムッチリとした色白の太モモの柔らかい肉感は最高です。しかし予想以上に早見さんのバストが素晴らしい…いつまでも口に含んでいたくなる先端、揉み心地抜群の双丘…ヒップと内モモをまさぐっていた両手をバストへと戻し、夢中で揉みまくりつつ、先端を舌で舐り上げ、吸い上げます。「あっ…ああぁっ…あんっ…あああぁ~っ…」控えめだった声がかなり大きくなってきています。バストを吸ったまま右手を再び早見さんの下半身へ…ウエストのクビレ、ヒップ、内モモ…まさぐる手をゆっくりと移動させ早見さんの茂みに到達すると、クレバスは既に大洪水を起こしています、スルっと小生の中指がクレバスに飲み込まれると手のひらには肥大した小豆が当たるのが感じられました。とたんに小生は早見さんの陰唇を舐めたい衝動に駆られ、身を起こして早見さんの両脚を掴み、M字に開脚させます。目の前にはヌラヌラと光る早見さんの女性自身…「早見さんのココ…すごくキレイだ」「恥ずかしい…です」その言葉に無性に興奮してしまった小生、こらえきれずに早見さんのアソコにむしゃぶりつきます。「ああっ…そんなところを…ヌルヌルなのにっ…あんっ…」たまらない喘ぎ方です。早見さん、はっきり言ってマグロですが、本気度が高いリアルな反応は人妻との初めての密会っぽくて妙に興奮してしまった小生、触れられてもいないのに愚息はカチンカチンです。普段ならもっともっと舐め続けるところですが、○れたい欲望が急激に膨らんできます。「早見さん…キミを抱きたい…もう○れたくてたまんないよ」「あっ…じゃぁ…着けます…ね…」待ちきれない小生はセルフで帽子を装着。「早見さん、○れるよっ」いつもならば、まずは、お相手の蜜壺の具合を充分に堪能すべく騎○位からスタートするところですが、すっかり興奮しまくっている小生は最初からフィニッシュ体勢である正○位にてin。「あっ…ああぁん…くっ…大きいっ…」ゆっくりと腰を振る余裕もなく、初めから腰の動きが自然とフルスロットルになってしまう小生。「パンッ、パンッ、パンッ、パンッ…」「あっ、あっ、あっあああぁ~っ」小生が腰を打ちつける音と早見さんの喘ぎ声が部屋に響き渡ります。小生の腰の打ちつけの衝撃で早見さんの形のいいオ○パイが波をうつように揺れ、その光景は小生の興奮をさらに煽ります。早見さんを愚息で貫くピストンを加速させながらバストを揉みしだき、先端を舐めまわし、抱きしめ、唇を貪ります。小生の中から一気に熱いモノがこみ上げてくると、ガマンすることなく早見さんのNで思いっきり果てました。「スゴく燃えた…一気に暴発しちゃったよ」「わたしも…気持ちヨかった…です」合体を解除しセルフで帽子を外し、早見さんを腕枕しながら一休み。「抱いてもらってるとき、思い出したの…似てるって思った人のこと」「え?誰?」「俳優の□□□さん!その□□□さんに抱かれてるみたいな気がしてなんだか興奮しちゃった」「なんだぁ、俺に興奮してくれたんじゃなかったのね」「あ、ごめん、そういうことじゃないんだけど…でも、そうなのかな(笑)」などと事後のピロートークも楽しく、気がつくと終了2分前です。サクッとシャワーを浴びてうがいを済ませ、着衣完了したところでタイムアップ。「急がせちゃってごめんなさい。でも今日はホントに楽しかった、よかったらまた遊びにきてください」「こちらこそ楽しい時間をありがとう、またね」おしゃべりタイムの中で話題となった、早見さんが得意だという〇〇〇サービスを次回していただく約束をしてバイバイとなりました。楽しい80分がホントにあっという間に過ぎ去っていました。ソープらしいプレイは一切なかったという内容でしたが、早見さんとの80分間は、セ○クス以外の部分で、すごく満たされたというか、癒されたというか…そんな満足感。早見さんは「またヤりたいな」というよりも「また会いたいな」と思わせてくれた素敵な奥様でした。やっぱりソープ遊びにおける満足感って「ヤるだけ」では得られるものではないんだな…ソープ遊びの奥の深さについて再認識しつつ帰路に就く小生でした。
このお店の良いところ
出勤予定表に予約状況がほぼリアルタイムで反映されるので、対戦計画が立てやすく非常に助かりますし、毎回ほぼ定刻どおりのご案内となる点も素晴らしいと思います。また、各種割引が該当する場合に、特にこちらが何も言わなくても一番お得な割引を案内し適用してくれる点も非常にありがたいです。
定治チェック
常連投稿者New Yorkerさん、いつもありがとうございます!

確かに最近「怒涛の連続投稿」なので、資金繰りは大変かと思いますが…
それでもソープ遊びをやめるわけにはいきませんからね!
そんなときはコスパのいいお店に限る!

またまた今回は…合コンで知り合った奥様との密会セ○クスとでもいいましょうか…たしかにリアルな感じがしました!

でも…最後のオチも素晴らしかった!
なんの悪気もなく俳優さんとのセ○クスに興奮しちゃった!て言っちゃうところがまた可愛いじゃないですか!
こんな不倫相手がほしい!読んでる兄弟みんなが思うと思いますよ!

またいい相手!見つけちゃいましたね!
それではまたの投稿をお待ちしております!

40ポイント進呈