まやちゃんの体験レポート

レポーター名昇点@

投稿日2014/11/25

遊んだ日2014/11/17

このお店の利用は?3回目以上

女の子の選び方は?フリー

お店の電話対応は?★★★★★

お店への行き方は?最寄駅から徒歩

女の子のプレイスタイル
  • 責め派
  • 受け身派
  • お仕事派
  • 恋人風
  • イチャイチャ
  • テクニシャン
  • 奉仕型
女の子のルックス
  • ロリ系
  • ギャル系
  • 妹系
  • お姉様系
  • 痴女系
  • 清楚系
  • セレブ系
  • お嬢様系
  • 学生系
  • OL系
女の子の性格
  • 優しい
  • 活発
  • 甘えん坊
  • 天然
  • マイペース
  • 気配り屋
  • 情熱的
  • エロオーラ
  • 真面目
  • シャイ
  • 職人肌
  • 隠語好き
女の子の特徴
  • 美乳
  • 巨乳
  • 爆乳
  • 美尻
  • 美脚
  • スレンダー
  • スタンダード
  • グラマラス
  • 高身長
  • 低身長
  • 色白
  • 美肌
  • もち肌
  • 名器
  • 敏感
  • アエギ声大
  • 潮吹き
待合室・受付の流れ
いろいろなお店をめぐって前回から約数週間を経過し、着店しました。

アルバムを一通り見させていただき目がくりっとしてボーイッシュな髪形の子を発見。

さっそく、その子に決め、15分ほど待合室で待っていると「お待たせしました」とボーイさん。
お相手の印象
すぐそこにはアルバムそのままのマヤ姫が殿の来るのを待ってくれていた。

するとマヤ姫は「こんにちは」と笑顔でお出迎え♪

アルバム通りなので吾輩の胸はドキッ!内心ヤッターと声を出すのを抑えて、前回もそうでしたがトイレで用を済ませて部屋へとあがりました。

部屋に入るとマヤ姫が丁寧に自己紹介をしてくれ、なんと今大人気の剛力彩芽にそっくりではないか(びっくり)。

会った瞬間ドキッとしたが、さらにドキドキ感がたまらなくなった。
プレイ内容
そのマヤ姫は、すぐさま上半身のシャツを脱ぐと、上下の下着は花柄のブラジャーとパンティは、清潔感たっぷり。

その清潔感たっぷりのブラジャーからの谷間から見えるオ○パイは推定Cカップあたりだろうか。最近のブラジャーはオ○パイのボリュームアップのパットがあるので、差し引いてもしっかりとCはある。

その下着姿のままで、吾輩の洋服を丁寧に一枚一枚脱がせてくれ、気が付くと吾輩は素っ裸の状態になっているではないか。

自分も負けじと彼女のブラジャーのホックを外すとオ○パイがポロンと顔を出す。

それも、可愛いチ○ビとともに・・・。

そのままパンティをゆっくりと脱がし、今回のマヤ姫の綺麗に整った陰毛が出てきた。

少し恥ずかしそうに、「準備するね♪」とお風呂の用意を・・・。
吾輩はすぐにでもプレイしたいキモチを抑え、脱がしてくれる間に吾輩の好きな腕時計の話となり、彼女も好きなのか準備中もその話で盛り上がった。

そんな話はさておき、準備完了と共に、スケベIスに座り、指先から腕、胸、首、足の順に丁寧に洗ってくれ、その次にお○んちんに彼女の手が伸びる。タオルではなく素手で優しく丁寧に洗ってくれるので、吾輩のお○んちんはすぐさま反応を示し、即座に元気よく堅くなってしまった。もちろん待っている間も半○ち状態でしたが・・・。

洗い流してもらい、一度湯船に入りうがいと歯磨きTime。

マヤ姫が「Mットは好きですか?」との問いに、もちろん好きだよ。と返答。

吾輩は湯船に入りながらもずっとマヤ姫の顔とオ○パイ、そしてアソコをじっくり見たまま興奮状態に陥る。

そうこうしている間にMットの用意ができ、うつ伏せに・・・

吾輩の体を温かいロー○ョンを手でゆっくりと包み込むように纏わせてきた。

マヤ姫はすぐさま吾輩の脹脛からオ○パイをすりすりすりすり。

背中からだと思っていたので不意打ちされた感じでゾクッてきた。

ゆっくりゆっくりと脹脛からおしり、背中へオ○パイが近づいて来た。

途中で止まり次は何をするのかと思うと、吾輩の足を持ち上げて、その上がった足の裏をマヤ姫のチ○ビが吾輩の足裏に触らせている・・・それが後ろを見られない想像の世界で、興奮を増してしまう。

その後、吾輩の股を大きく広げてマヤ姫の体全身が吾輩のあそこを攻めてくる。

徐々にマヤ姫の陰毛が体中に感じ、お○んちんはビンビンに絶好調。

それからしばらくすると、吾輩を仰向けにするとキスをせがみ始めた。

これは焦らし作戦だなと思いつつも、お互いの下を吸ったり、吸われたり。絡み合う下がなんとも気持ちいい。

マヤ姫はおへそにピアスをしており、吾輩の体に心地よく当たる。けして痛くは無い。

次にお○んちんをぱくりと亀○の先だけをペロペロしているではないか。

早い舌使いで攻めてくる。吾輩の絶好調解とかしたお○んちんはまもなく噴火してしまうレベルに達していた。

もう少し我慢我慢と自分に言い聞かせている間にも、姫は時間をかけて亀○から根元へとペロペロ・スッポリ、かなり口の奥まで吾輩のお○んちんを含んでいった。

姫は「すごい元気だね」と爆発しそうな時に言わないでって感じなのであった。

すると「○れるね♪」って姫のおま○こにインサート。

騎○位で声を出して腰を動かす下からの眺めはやはり、剛力彩芽!ヤバッて感じである。

姫のオ○パイが上下に揺れる姿は臨場感に溢れ、一回目のフィニッシュに至ってしまった。(吾輩の体から白い液体が溢れてしまった瞬間だった)。

吾輩はフィニッシュをしたが、もう暫くマグロ状態で身を任せ、出ちゃったよと言うと、「わからなかった♪笑」と可愛く微笑み、Sをゆっくりゆっくりと少しずつ外す姿がまた、たまらない瞬間であった。

その後、ベ○ドに移動し、少し会話をした後に、吾輩が上になりキスからオ○パイをいっぱい揉ませてもらい、少しずつ少しずつおへそあたり、腰回り、足へと舌を使い、最後に姫の花園へと吸い付きを敢行。

我慢も限界に達し、Sを口で装着してもうらうと、すぐにトンネルへ突入・・・・

姫は「あん、あん、あん、」と可愛い喘ぎ声に合わせて腰を振らせていただいた。

「キスしよう♪」と姫から言われ、キスをしながらさらに腰をふり腰ふり。

マヤ姫はすっごく声を出すわけでもない、すごく攻めてくるわけではないが、なぜか吾輩を興奮せる不思議な女性であった。

いつの間にかマヤ姫に夢中になっていつまでも抱いていたい気持ちになった。

事細かく体験談として表現したかったが、文章が下手な吾輩の限界である。

またマヤ姫とプレイをしたいと、もやもや感が残る吾輩であった。
このお店の良いところ
リーズナブルな価格に、遊ばせてくれる姫が揃っていて飽きないところが、お気に入りの一つです。
定治チェック
昇点@さん、3度目の投稿ありがとうございます!

今回の姫はかなりのショートカットで本当にうわさの女優にそっくりみたいですね!
そんな姫に「Mットは好きですか?」なんて聞かれたら…そりゃ断れない!

しかも表現があいかわらず独特で(笑)なんだかいつも以上に
昇点@さんに引き込まれてしまいました(笑)

「マヤ姫はすっごく声を出すわけでもない、すごく攻めてくるわけではないが、なぜか吾輩を興奮せる不思議な女性であった。」
この一文は奥が深いですね。これもやっぱり相性なのでしょうか?
たしかにそういったこともありますよね(笑)
まぁ最初のドキドキした瞬間で、すでに心も体もぞっこん状態だったんでしょう!
これはまた…今感じている「もやもや感」を解消しちゃいましょう!
ではまた次回も♪ よろしくお願いします!



40ポイント進呈