あきなちゃんの体験レポート

レポーター名ロリハンター

投稿日2017/11/15

遊んだ日2017/11/13

このお店の利用は?初めて

女の子の選び方は?ネット指名

お店の電話対応は?★★★☆☆

お店への行き方は?最寄駅から徒歩

女の子のプレイスタイル
  • 責め派
  • 受け身派
  • お仕事派
  • 恋人風
  • イチャイチャ
  • テクニシャン
  • 奉仕型
女の子のルックス
  • ロリ系
  • ギャル系
  • 妹系
  • お姉様系
  • 痴女系
  • 清楚系
  • セレブ系
  • お嬢様系
  • 学生系
  • OL系
女の子の性格
  • 優しい
  • 活発
  • 甘えん坊
  • 天然
  • マイペース
  • 気配り屋
  • 情熱的
  • エロオーラ
  • 真面目
  • シャイ
  • 職人肌
  • 隠語好き
女の子の特徴
  • 美乳
  • 巨乳
  • 爆乳
  • 美尻
  • 美脚
  • スレンダー
  • スタンダード
  • グラマラス
  • 高身長
  • 低身長
  • 色白
  • 美肌
  • もち肌
  • 名器
  • 敏感
  • アエギ声大
  • 潮吹き
待合室・受付の流れ
店に着きボーイさんに予約していることを伝えると待合室に通してもらい、おしぼりを受け取り料金を払いました。まず、今日のプレイについてのアンケートに答えました。メインの質問はプレイの流れに関する質問で、即ベ○ド、Mット、ベ○ドの基本の順番にするか、それ以外にプレイしたいことはあるかという内容です。なるほど。130分コースと長いので三回戦まであるのですね。僕は初めてだったのでスタンダードに即ベ○ド、Mット、ベ○ドの基本の順番にしました。ボーイさんは忙しそうでしたがしっかり対応してくれて、これが格安店との差かと思い知らされました。アンケートの紙をボーイさんに渡ししばらくしたら案内されました。

お相手の印象
そしていざご対面。階段の上には正座で頭を下げた女の子がいました。階段を上ると「よろしくお願いします」という挨拶とともに僕の手を握り、部屋まで案内してくれました。
それにしてもあきなちゃん、かなりガタイがいいです。体型は写真とはかなり違いますが、顔はまぁ写真と似てるっちゃ似ています。

プレイ内容
部屋に着いたら荷物を置きベ○ドに座り雑談をします。しゃべると楽しそうに話してくれるし愛想もいいし、まぁ悪い気はしません。少し話すとあきなちゃんが僕の服のボタンを外し、服を脱がせてくれました。上を脱ぎ終わると今度はベルトに手をかけ、ズボンのチャックを下ろし、「腰浮かせて」と言ってズボンとパンツを脱がせてくれました。全て脱ぐとあきなちゃんは私も脱ぐねといい服を全て脱ぎました。お互い全裸になるとあきなちゃんがベ○ドに横になってと言うのでそれに従いベ○ドに仰向けに寝転がりました。あきなちゃんは僕の上に覆いかぶさるようにしてキスをしてきました。それにしてもすごい迫力です。肉の塊が襲ってくるかのような、一種の恐怖を覚えました。しかしキスをしているとそんな恐怖も吹き飛んでいきました。
次はチ○ビを責めてもらいました。あきなちゃんは片手で僕のチ○ビをいじり、舌でもう片方のチ○ビを舐めてくれました。あきなちゃんは舌を上下に動かしたり、回転させてみたりと様々な動かし方で責めてくれたので、いつも以上にチ○ビで感じました。
しばらくチ○ビを責めてもらったらあきなちゃんは僕の体全体をキスしながら股の方へと移動していき、太ももにキスをしていきます。それだ徐々に股の中心の方へと移動し、僕のあそこにキスをし始めました。あきなちゃんは僕のあそこを手で握り、上下にシコシコしながら玉を舐めてくれました。僕のあそこは始めはあきなちゃんの大きな体に圧倒され萎縮気味でしたが上下にシコシコされ始めるとやはり反応してしまいます。フルとまではいきませんがどんどんと大きくなっていきました。僕のあそこがある程度大きくなるとあきなちゃんは僕のあそこを咥え、フ○ラを始めました。しばらくフ○ラをしてもらうと僕のあそこは完全に大きくなりました。始めあきなちゃんを見たときはうまくいくか心配でしたがよかったです。あきなちゃんは上下に動いたり、舌で○頭を刺激したりして僕のあそこを悦ばせてくれました。僕のあそこがフルサイズになったところであきなちゃんは「ここ、大きいね。よく言われない?」と言ってくれました。そんなことないよと返すと、「そんなことないよ〜、小さい人は親指くらいだもん。○ってるか分からないくらい」といって僕のあそこが大きいということを強調してくれました。
さて、こんな感じでフ○ラをしてもらったら一回戦開始です。あきなちゃんが僕のあそこを握り、あきなちゃんのあそこに押し付けます。そしてそのまま腰を下ろしていきました。これまではS越しに女の子のNを味わっていた訳ですが、今回は違います。今回はSをつけていないのでダイレクトに女の子のNの感触を味わっているのです。やはりSの有無で感じ方は変わるものですね。いつも以上にねっとりと僕のあそこに絡みついてきます。これはすぐにイってしまうのでは、と思いながらもあきなちゃんに上下に動いてもらいました。あきなちゃんは僕の耳元でかわいい声で喘ぎ声を漏らしながら腰を上下に動かしました。いつもと違い、かなり気持ちいいです。僕はあきなちゃんをぎゅっと抱きしめようとしたのですが、あきなちゃんの体が大きすぎで手を回すのがかなり困難だったので断念しました。少し微妙な気分になりながらも騎○位を堪能しました。
しばらく動いてもらうと、今度はバ○クで突きたかったので、四つん這いになってもらいました。あきなちゃんの腰を掴みながら前後に腰をうごかしました。あきなちゃんはなかなかいい喘ぎ声で感じてくれました。プニプニで触り心地もいいのでよしとしましょう。僕はそんなプニプニのあきなちゃんの腰を掴み、さらに激しく動きました。
しばらく動いていると限界が近くなってきたので正○位でフィニッシュに向かいます。僕が正○位で前後に動くとあきなちゃんはかわいい声で喘いでくれます。そして前後に動くたびにそれにシンクロして揺れるお○ぱいとが視界に入ってきます。あきなちゃんの腰を掴みながら、あきなちゃんの喘ぎ声がかわいくエッチだったのでいつもよりも興奮してしまい、もう限界に。あきなちゃんに「Nで出していい?」と聞くと「いいよ。いっぱい出して」と答えてくれました。僕はそんな彼女の願いに応えるべく限界まで我慢し、精○をいっぱい放出しました。ソープ初N出しです。
僕はあそこを抜いた後、あきなちゃんのあそこの様子を眺めます。割れ目の部分から僕が放出した白い液体が垂れてきているのが分かります。なんていい眺めなのでしょうか。これはやみつきになりそうです。
あきなちゃんは僕のあそこをティッシュで拭き、色々と処理してくれました。そして一度休憩です。

少し雑談をしていましたが、あきなちゃんは僕の話を楽しそうに聞いてくれたり、また楽しそうに話してくれたので印象は良かったです。

「それじゃMット行こっか」と誘ってくれたのでMットに移ることに。まずは体を洗います。Iスに座りあきなちゃんが体に泡を塗る様子を眺めます。細身の女の子なら興奮しているところですが今日の僕は興奮しませんでした。準備が終わるとあきなちゃんは正面から僕に抱きつき体を洗ってくれました。普通の女の子よりもプニプニしていて触っていて気持ちいいです。洗い終わったらシャワーで泡を流し、お風呂に入ってと言われました。僕がお風呂に入っている間にあきなちゃんはMットの準備を始めました。手馴れているのか、テキパキと準備をすると、「それじゃこっちきて」と言ってMットへ誘導してくれました。この時も滑らねいように気をつけてね、と声をかけてくれて、さりげないところに優しさを感じました。
まずはMットにうつ伏せになります。あきなちゃんは「それじゃロー○ョンかけるね」といって僕の背中にロー○ョンをなじませてくれました。暖かくぬるぬるした液体が体全体に行き渡り心地よさを感じます。ロー○ョンを塗り終わったらあきなちゃんが僕の足の上に座りました。そして僕の足、背中をお尻で滑るように移動していきます。あきなちゃんのお尻はかなりプニプニで柔らかかったのでMットには最高だなと思いました。今度はあきなちゃんも寝転がり、僕の足に抱きつくようにして上下に動きます。あきなちゃんのお○ぱいが足や腰にあたり気持ちいいです。
しばらくうつ伏せであきなちゃんの体を堪能したら、今度は仰向けになります。再びロー○ョンを体全体になじませたらあきなちゃんは僕の上にのし掛かりました。そしてそのまま前後に動き始めます。やはりあきなちゃんの体はプニプニで柔らかく、今までのMットの中で一番最高なのではないかと思いました。こうしてしばらくあきなちゃんのMット、体を堪能しているといよいよ挿○です。あきなちゃんは僕のあそこを掴み、○れました。ロー○ョンで濡れていることもあり、ヌルッと奥まで○っていきます。ロー○ョンの暖かさとはまた違うNの暖かさが僕のあそこ全体に広がります。あきなちゃんはしばらく騎○位で動いてくれました。あきなちゃんは僕の背中に手を回し、僕を抱きかかえるようにしながら腰を上下に動かしていました。耳元であきなちゃんのかわいい喘ぎ声が漏れています。その声に興奮せざるを得ません。僕のあそこはどんどんと大きくなっていきました。あきなちゃんのお尻と僕の腰がぶつかり離れるたびにロー○ョンがぬちょっという音が響きます。また、ロー○ョンか愛液かは分かりませんが、あきなちゃんのNからクチョクチョといういやらしい音も聞こえてきます。なんてエ○チなんでしょう。あきなちゃんは僕のチ○ビを舐めたり僕とキスをしたりしながらしばらくこうして動いてくれました。
さて、しばらくこうしてあきなちゃんに動いてもらっていると急に動きが止まりました。どうやら動きすぎて疲れたようです。それは無理もありません。こんなヌルヌルのMットの上で滑らないようにその巨体を動かしている訳ですから。ちょうど僕も動きたかったのであきなちゃんにそう伝え攻守交代することに。あきなちゃんは滑らないようにMットの上にタオルを引いて準備をし、仰向けに寝転がりました。しかしここでハプニングが。準備している間に僕のあそこが萎えてしまったのです。気分を盛り上げるためにあきなちゃんのク○に僕のあそこを押し付け、刺激していきます。しかしいまいち興奮せず、僕のあそこは何も反応を起こしません。あきなちゃんはその様子を悟ったのか、手でチ○ビをいじってくれました。すると徐々に僕のあそこが大きくなっていきました。そしてある程度○れれる固さにまでなったのでそのまま挿○しました。やはりNだとあそこの感触をダイレクトに味わえるので最高です。ヌルッとしているけど、プニプニとした肉の感触があり、それが僕のあそこを包み、キュッと締め付ける感触がリアルに伝わってきます。
僕が前後に動くたびにお○ぱいが揺れるのが見え、興奮します。あきなちゃんは相変わらずかわいい喘ぎ声で喘いでくれるのでどんどん興奮し、僕のあそこが大きくなっていくのが自分でも分かりました。僕が激しく腰を動かすとそれに比例してあきなちゃんの喘ぎ声も激しくなっていきます。廊下に聞こえるのではないかというくらい激しい喘ぎ声でしたが、廊下には人がいないので何の問題もありません。やはり自分のピストンに屈服するかのように激しい喘ぎ声を出す女の子には興奮します。僕の腰の動きはどんどんと速くなっていきました。イきそうになったので一度腰を止めて落ち着かせます。そして再び激しく動きます。これれを3回くらい繰り返したでしょうか?僕はそろそろ出したいなと思ったのであきなちゃんに「Nにだすで?」と聞きました。あきなちゃんは「いいよ、きて」と答えてくれます。AVではよく見る受け答えですが、いざ自分がこのようなやりとりをするとなるとやはり興奮しますね。僕は力の限り激しく動き、限界まで我慢してNに射○しました。そしてあきなちゃんのあそこを拝みます。何度見てもやはり最高の眺めです。二回戦目でしたが一回目に劣らずたくさん出ました。あきなちゃんのあそこからどんどんと○液が溢れてくる様子をしばらく観察しました。あきなちゃんは「激しかった〜」といいながら僕のあそこをあらってくれました。そして再びお風呂に案内されます。
お風呂ではあきなちゃんがMットを片付ける様子を眺めていました。そして体を洗う準備をしてくれます。準備が整ったら僕はIスに座りあきなちゃんに体を洗ってもらいました。そして再びお風呂に入ります。あきなちゃんはシャワーでは首や耳あたりのロー○ョンはとれてないかもだからお風呂で流して、と細かいアドバイスをくれました。

お風呂から上がるとあきなちゃんに全身をバスタオルで拭いてもらい、雑談をしました。
三回戦があるのかと思っていましたが、なぜかこの時点であきなちゃんにパンツを渡されます。
僕はあきなちゃんに導かれるがままに着替えをすませ、お別れしました。なぜ三回戦目がなかったのかは謎でしたがまぁいいかと思い帰宅しました。
このお店の良いところ
女の子のサービス、ボーイさんの対応はよかったです。
定治チェック
常連投稿者ロリハンターさん、いつもありがとうございます!

人生初のNSだったんですね~
アノ感触は…「男に生まれてよかったー!」と
叫びたくなるほど…気持ちいーい感触なんですよ(笑)
気持ちよさはもちろんですが…背徳感もあったりしませんか?
それがまた気持ちよさを加速させるんですよね~(笑)

まぁ三回戦はまた次回にとっておいて!
今回は…いろんな初体験があったので、また次回、楽しんじゃいましょう!
それではまたの投稿をお待ちしております!

35ポイント進呈