えりかちゃんの体験レポート

レポーター名オックス

投稿日2017/12/08

遊んだ日2017/11/28

このお店の利用は?3回目以上

女の子の選び方は?ネット指名

お店の電話対応は?★★★★★

お店への行き方は?送迎車

女の子のプレイスタイル
  • 責め派
  • 受け身派
  • お仕事派
  • 恋人風
  • イチャイチャ
  • テクニシャン
  • 奉仕型
女の子のルックス
  • ロリ系
  • ギャル系
  • 妹系
  • お姉様系
  • 痴女系
  • 清楚系
  • セレブ系
  • お嬢様系
  • 学生系
  • OL系
女の子の性格
  • 優しい
  • 活発
  • 甘えん坊
  • 天然
  • マイペース
  • 気配り屋
  • 情熱的
  • エロオーラ
  • 真面目
  • シャイ
  • 職人肌
  • 隠語好き
女の子の特徴
  • 美乳
  • 巨乳
  • 爆乳
  • 美尻
  • 美脚
  • スレンダー
  • スタンダード
  • グラマラス
  • 高身長
  • 低身長
  • 色白
  • 美肌
  • もち肌
  • 名器
  • 敏感
  • アエギ声大
  • 潮吹き
待合室・受付の流れ
プラチナステージの新人さんに会いに行ってきました。先月入店の「未経験・スリム美女」えりかさんです。
ピンと来たのは、プロフィールに「優しく人懐っこい性格で明るい雰囲気」「笑顔が絶えない」とあったところでした。だって冬本番で身も心も寒くなってきた季節じゃないですかwww

2日前の夜に電話を入れましたが、希望の時間は既に埋まっていました。ムムッ、新人さんなのに人気なんですねw 少し後の時間なら取れるとの事で予約を入れます。
遅めの時間だったので会社を出てブラブラ時間を潰して、JR日暮里駅へ向かいます。日がとっぷり暮れた駅前にバスやタクシーが行き来していますが、その間にこの店のシルバーのプリウスが迎えに来てくれます。やはりというか、この日も3人相乗りでした。

待合室も結構な人がソファーに座ってました。いつもながら繁盛しているようです。ここで総額を支払いますが、月曜から木曜の12時から24時までのすべてのコースでフリー及びネット指名だと最大2000円割引という「秋割」をまだ実施しているので申し出ます。コレがあるので、新人開拓もかなり助かります。だって、回数行きたいですものねww
テレビを見て待っていると声が掛かり、案内となりました
お相手の印象
プロフィール写真と同じ、ゆったりしたニットのワンピース姿でした。
T164とあってスラリと背が高く、フワッとしたセミロングの明るい髪型です。ニコニコとほほ笑んで出迎えてくれました。

プレイ内容
「あっ、見た事あるドレスだ」
「へへへ、そうなの」
屈託なく明るく笑ってくれたので、なんだか初対面と思えないほど親しみを覚えました。部屋に入ると、店員が渡した受付の紙を見て、

「○○さん」と呼んでくれたので、
「はい」
「はじめまして」「はじめまして」
同時に口に出してしまい、なんだかおかしくて二人して笑ってしまいました。階段の所で感じた直感はやはりそのとおりで、一緒に過ごして楽しくなるタイプの子でした。
並んでベ○ドに座ると、自然に手を握りたくなってしまい、そのままキスしちゃいました。

チュッ、とご挨拶に軽く唇が触れる位でしたが、

「なんだか、唇柔らかい」
と、誉めてくれました。うれしくてついついギュッと抱きしめて、こんどはたっぷりとキスを交わしたのでした。ああー、なんだかこのまましたくなった程良い雰囲気でしたが、ここはグッと我慢して、アシストしてもらって服を脱ぎます。
パンツ1枚になったところで、彼女のワンピースに手を掛けますが、あれ?これドコから脱がすの?

「これ、スルッと脱げるようになっているの」
ああ、そういう事ね。えりかさんに万歳してもらい、上から脱がせたのでした。そこに現われた下着姿は、背が高いだけでなくムダな肉が付いていない引き締まったスタイルです。聞いてみたら、学生時代にずっとスポーツをしていたそうで、それも納得です。

立ったまま、またギュッとすると、

「あっ、なんか当たってるよ」
そうです、パンツの下の愚息がもうパッツンパッツンになっています。そりゃあ、目の前に若い子のブラジャーとパンティを目の前にして反応しない方がおかしいですよねwww
でもちょっと恥ずかしかったので、彼女の下着を脱がせにかかりました。背中に回した手で察したのか、明るい彼女が急にもじもじしはじめました。

「どうしたの」
「恥ずかしいんだもん」
申しわけないけれども、そんな言葉聞いちゃってますます興奮しちゃいました。ブラジャーのホックを外すとはらりと手のひらサイズの美乳が現われました。ドキドキしながら前にしゃがんで、今度はパンティに手を掛けます。

「もおー、Hなんだから」
スルリと引き下げると、そこはきれいなパ○パンでした。更によく見ようとすると、

「シャワー浴びよう」
と、手を引かれちゃいました。彼女きっと恥ずかしかったのですねwww

○スに座ると、まずシャワーで身を流してくれます。そしてボディソープの泡を立てているときに、「はい」とシャワーヘッドを渡されました。

「?」
「私、まだ手早く準備できないから、体に水分が付いていてその間体冷えちゃうじゃん。これで体温めて待っててね」
ほほう、そういう事でしたか。ソープの段取り的にはどうかなと思う人もいるかもしれませんが、私的には全然OK、というかむしろ彼女なりの気配りに感謝しました。たしかに冬場のソープって、あらかじめ部屋にエアコン入れておいてくれても体洗う時はちょっと寒い思いしたりしますもの。アワアワで体を洗ってもらっている時に、

「○○さん、潜○鏡したい?」
「うん」
「ごめんね、私いまちょっとケガしていてお湯に長く浸かれないのでその時だけ入るから、ちょっと待ってて」
湯ぶねに浸かって歯みがきうがいをして待っている間、彼女はシャワーで身支度してますが、なんと体を流しながら一人で鼻歌歌っているじゃないですかwww 女の子の機嫌が良いのは嬉しい事ですが、こんな経験は初めてで、なんだかこちらまで楽しくなってきました。

えりかさんが入ってきて向かい合わせになると早速、

「じゃあ、腰上げてください」
「ちゃんと出来るかな?」
浴槽の縁に足を掛けて、彼女がしやすいように腰の位置を調整します。チラッとこちらを向いてから、本当に潜○鏡してくれました。一生懸命お口でしてくれながら手でチャプチャプお湯を体に掛けたりと、ナカナカの気遣いです。聞いてみたら、新人だと言うと親切に「こうしたらいいよ」と教えてくれるお客さんがいるそうです。それを素早く吸収する彼女もさすがです。
おかげで、再びエネルギーがチャージされましたww のぼせちゃうので、ベ○ドへ移動です。

体もちゃんと拭いてくれて、改めて最初の時と同じベ○ドに並んで座ります。ただその時と違うのは、お互い体にバスタオル1枚を巻き付けたままの姿だという事ですwww

そっとキス、今度は最初から遠慮なくヌルヌルと舌を絡めてのディープキッスです。

チュッ、チュバッ

部屋に唇が触れあう音が響いています。そしてバスタオルを落とすと、ベ○ドに並んで横たわるようになります。
改めてえりかさんの体を見下ろすと、先ほどまで明るくおしゃべりしていた彼女がなんとも恥ずかしそうに視線をそらせますww
ここはゆっくりと、覆いかぶさるようにして舌先とフェザータッチで攻めてみる事にしました。

オ○パイをやさしく手のひらで包み込み、プクッとチ○ビを押し出して軽くなぞると、

「ううーん」
と、軽く声を上げます。嬉しくなって、ゆっくりたっぷりと彼女の肌という肌を舐め回し、指先で擦ります。体を捩らせてますます感じてくれ、いよいよ神秘の花園へ達しました。

「ううん、いやっ」
口ではそう言っていますが、花びらを押し広げてながら舌を尖らせてク○を刺激すると、ドンドンと蜜が出てきます。ついに耐えかねたのか、

「私も舐めたい」
と申し出があったので、さすがに責めてばかりでは悪いと交代します。
私があおむけになると、意外な事に結構熱の入ったリ○プが繰り出されてきました。キスから首筋に移動し、その丁寧さから片方の腕を上げてみたら、脇までたっぷりと舐めてくれて。チ○ビの責めも、それはそれは熱心にしてくれました。まるで先ほどの仕返しとばかりにwww

フ○ラチオは、決して技巧派という訳ではありませんが、いきなりパクッと咥えたりせずに周辺からゆっくりと舐めてくれて、その口の中のぬくもりをたっぷり味あわせてくれました。
愚息はもう100パーセント全開ですww 先ほどク○ニが彼女の申し出で途中になってしまったので、これはもう一度と思って、

「ねえ、舐めっこしよう」
「うーん、恥ずかしい」
「そんな事言わないで、ちょっとだけお願い」
そう説得して、ようやく顔の上にまたがってくれました。彼女の花園を手で押し広げて、たっぷりと舌で蹂躙します。

「あっ、ひゃああ」
腰をくねらせて逃れようとしますが、そこはガッチリと手で抑え込んで離しませんw

「ん、んんんー」
愚息をお口に含んだまま、喉の奥から声が漏れます。さすがに気の毒になって、解除します。そこでSを着けてもらいますが、これからだというのに、

「はあー」
と深いため息です。本当に感じちゃったのですね。
そしていよいよ、正○位で挑みます。

「ああー、なんだかドキドキするう」
愚息の先端をアソコに定め、彼女の反応をうかがいながらゆっくりと○○してゆきます。

「大丈夫?」
「あん、あああん」
返事の代わりに、ひときわ大きな喘ぎ声が返ってきました。根元まで腰を沈めて、出し○れを開始します。

「あん、ああっ、あん、あん」
最初の責めの時でも感じていましたが、彼女とっても敏感な体質なようなのです。腰をグイグイと動かすと、

「はあっ、はあ、はあ」
と大きく息を吸い込み、大きく肩が揺れています。ソープ行ったら、いろんな体○試してみたくて、とりあえず一通りする事ってよくありますよね。ですがえりかさんの本気の喘ぎっぷりを目の前にしちゃったら、もうこうやって抱きしめて一つになっているだけで大満足しちゃっいました。

体をギュッと抱きしめると、彼女の方からも力強く抱き返してくれて、舌をたっぷりと絡めたキス。その一体感といったらもう。私がグイッと腰を動かすと、彼女のアソコもギュッと嬉しい反応を示してくれます。

「気持ち良すぎてオシッコ出ちゃいそう…」
目がとろんとして、そんな事まで言い出しちゃいましたwww そしてしまいには、私が小休止で腰の動きを止めると、彼女から腰を押し付けるようにして動かしてくるのです。それにつられて、

「いい、いくよ」
「ああっ、気持ちいいいい」
それはそれは、快心の発○でした。ふたりしてそのまましばらくグッタリして動けませんでした。

プルルルーーー
10分前コールが入り、我に返りました。いつの間にかもうそんな時間に。あまりに没頭しすぎてしまっていて時間の感覚がなくなってました。
よろよろとえりかさんが立ち上がりますが、

「ふううーー」
と、大きく息をはき、そのまま動きを止めてしまいました。

「大丈夫?」
「…果てた」
それでも時間は時間ですので、さっとシャワーを浴びます。そのあいだも何度も「はあー」とため息をついて、その本気っぷりがうかがえましたwww

服を着て、フロントにコールするといよいよお別れです。部屋を出る前に大きく伸びをして、

「あー楽しかった!」と、えりかさん。いやあ、私も本当に楽しかったですwww


自分で「マイペース」と言う、天然?と思える程の彼女の明るく人見知りしない性格は、正にプロフィールどおりでした。ソープでなくてお酒を飲む店とかでも絶対に人気者になるタイプのもてなし上手さんでした。
そしてあの敏感体質の本気でのイキッぷりwww 相性も大きいとは思いますが、コミュニケーションを積極的にとって優しく接すれば、一緒に楽しんでくれるタイプです。
新人さんですが、もう指名して通ってくれるお客さんがいるとの事ですので、見る人はちゃんと彼女の事見ていますね。いずれ予約困難にあってしまうかもしれないので、今のうちがねらい目かもしれませんよw

後から気が付いたのでした、彼女は私の体のパーツでも着るものでもしぐさでも、とっても自然にたくさんほめてくれたのです。知らず知らずのうちに気分が良くなっていました。ほんわかしているようで、見るべき所はちゃんと見ている方でした。こういった素の女の子に褒められるのって、お仕事っぽくなくってとっても嬉しいですwww

このお店の良いところ
いつも言っている事ですが、この店の素人系新人さん、どんな子が出てくるか本当に楽しみです。今回も良い出会いがありましたので、また今後に期待です。
定治チェック
常連投稿者オックスさん、いつもありがとうございます!

これぞ素人系美女の真骨頂!
恥じらいながらも本気で感じちゃう…
ついついこっちも本気になって、余計リアルになっちゃう!
これはハマるパターンですね~
しかも本気の「あー楽しかった!」が聞けちゃったら
満足感しかないっすよ(笑)
私めも、プラチナステージさんの新人レポ、楽しみにしちゃってます(笑)
それではまたの投稿をお待ちしております!

40ポイント進呈