せりなちゃんの体験レポート

レポーター名ぴの

投稿日2018/07/04

遊んだ日2018/06/01

このお店の利用は?初めて

女の子の選び方は?ネット指名

お店の電話対応は?★★★★★

お店への行き方は?送迎車

女の子のプレイスタイル
  • 責め派
  • 受け身派
  • お仕事派
  • 恋人風
  • イチャイチャ
  • テクニシャン
  • 奉仕型
女の子のルックス
  • ロリ系
  • ギャル系
  • 妹系
  • お姉様系
  • 痴女系
  • 清楚系
  • セレブ系
  • お嬢様系
  • 学生系
  • OL系
女の子の性格
  • 優しい
  • 活発
  • 甘えん坊
  • 天然
  • マイペース
  • 気配り屋
  • 情熱的
  • エロオーラ
  • 真面目
  • シャイ
  • 職人肌
  • 隠語好き
女の子の特徴
  • 美乳
  • 巨乳
  • 爆乳
  • 美尻
  • 美脚
  • スレンダー
  • スタンダード
  • グラマラス
  • 高身長
  • 低身長
  • 色白
  • 美肌
  • もち肌
  • 名器
  • 敏感
  • アエギ声大
  • 潮吹き
待合室・受付の流れ
お久しぶりです。さだはるさん。
以前の投稿から約2年(3年?)もたってしまいました。
当時大学生だった私も今や社会人。
当時は地方在住であったため、なかなか遊びに行けませんでしたが、
社会人となり、その学生との収入の違いを感じながら、
今回超久しぶりに吉原に行ってまいりました。

前回登楼から2年とかなり間が空いているため、
今回はなにがなんでもいい思い出を作りたい。
そう決意し、ソープスタイル様を120%利用して、
好みのコを探しました。

目についたのが、ムーランルージュ。
ソープスタイル様でもしばしばレポが上がる人気店です。
そこの新人さんに今回お相手となるせりなちゃんをみつけひとめぼれ。
早速、諸先輩方の情報の元、メルマガ会員の登録を済ませ、
来る1週間前に会社をこっそり抜け出して予約いたしました。
(休憩中なので許してください。)

電話応対は「これぞ高級店!」っといった感じはしませんでしたが、
非常にスムーズで何も不満を感じることはありませんでした。
「不満を感じなかった」ということが、きっと高級店の証なのでしょう。

当日最終連絡が完了すると、白のクラウンで迎えに来ていただきました。
ワゴン車でなく、セダンで来るあたり高級感を感じます。(たぶん私だけ?)

お店について、スリッパに履き替え、
待合室のどこまでも沈んでいきそうなふかふかなソファーに腰を掛けて
その時間を待ちました。


時間になると、遅れることなく御案内となりました。
お相手の印象
「え、かわいい」
他のスタッフさんがいる中、思わず声が出てしまいました。
直球すぎたのか、照れるせりなちゃん。
その笑顔が余計私を骨抜きにします。

印象は写メ日記とは若干異なり、ますが、とてもかわいいです。
美人系というよりカワイイ系(ロリ系)ですね。
今は引退してしまった上原○衣になんとなく
似ている感じがしました。(すいません若干記憶があやふやです。)
お顔もさることながら、はやり目が行ってしまうのがそのお胸。
Iカップバストの主張が激しすぎます。
思わずIカップに負けないくらい私の息子も膨らんでしまいます。
プレイ内容
恋人つなぎで連れられてお部屋までご案内頂きます。
その間も主張の激しいIカップに視線はくぎ付けです。


籐の椅子に座らされて、せりなちゃんから両手をついてご挨拶いただきました。
「ご指名ありがとうございます。せりなです」
いや、お辞儀されると、余計その・・・視線が谷間に釘付けです。笑


早くせりなちゃんとイチャイチャしたい!
と、はやる気持ちを抑えつつ、まずは脱衣ですね。

カワイイ女のコのお膝に自分の足を乗せる背徳感を感じつつ、
靴下から順に上へ上へと衣服を脱がされていきます。
最後の砦(パンツ)もあっという間に脱がされて裸一貫に。
すると、せりなちゃんから積極的にKス、デ○ープKスをいただいたのち、、
パクリと私の息子をかわいがっていただきました。
男としてはなんと恥ずかしい嬌声を上げながら、
必死にせりなちゃんからの口撃に耐え忍びます。


しばらくしたのち、
「私も脱がせて」とついにせりなちゃんの鎧(ドレス)に手をかけ、豊満な双丘と
ご対面の瞬間がやってまいりました。



(ところで、自分が裸になったのち、嬢のドレスやブラをとるために嬢に抱き着かれるのが
個人的に大好きです。特に自分が裸なのに、嬢はまだ服着てるっているミスマッチな感じに
興奮します。)


閑話休題、ドレスと下着を丁寧に脱がせて、ついにせりなちゃんのIカップとご対面です。


・・・・


いままで見たことのない絶景が広がっております。
私の眼前に広がるのはいまだかつて見たことのない巨大な2つの山が連峰です。
季節はきっと春ですね。(いいえ夏です笑)山頂には美しい桜の木々たちが確認できます。

私は獲物をねらう鷹のように、両手でその連峰を鷲掴みにしました。
「もにゅり」
という音が一番正しいのでしょうか。
いままで感じたことのない大きな柔らかさと張りを私の掌が、触覚が感じております。




せりなちゃんを私の膝上に座らせて、しばしせりなちゃんの連峰を手で、
そして彼女の口から洩れる甘い息を耳で堪能いたします。

せりなちゃんよりベ○ドのお誘いがあったので、そのまま1回戦へなだれ込みます。
前哨戦ではせりなちゃんより懇ろな口撃を賜りましたので、
1回戦は私からそのお返しを致します。
横たわらせたせりなちゃんへKスから始まり、たわわなバストを攻撃致します。
触れるか触れない程度のタッチで山の中腹ごろから山頂に向かってさわさわ致します。
最後山頂は口撃です。
せりなちゃんはかわいい嬌声を上げつつ、つたない私の攻撃で感じていただきました。
連峰への口撃を終えたのち、ついに秘境の穴へと私の指が侵入いたします。
すでに穴のNは大洪水。いつでも本隊の受け入れOKです。

せりなちゃんにゴ○を装着してもらい、息子が秘境へ突入です。
突入したのもつかの間、秘境は非常に締りよく、我が息子はKO寸前。
また、突くたびに揺れるせりなちゃんの美しいバスト。
視覚も限界突破を誘います。

あっという間に放出し、一回戦終了。
敏感な息子をやさしく介抱していただきます。

しばらくベ○ド上でイチャイチャしたのち、洗体です。
せりなちゃんの武器はここでもいかんなくその効果を発揮します。
自分の体をスポンジ代わりに私の身体をくまなく洗っていただきます。
一通り、ソープらしいことをしてもらったのち、共に湯舟へザブン。
これまたソープといえばの潜○鏡をしていただきます。

前哨戦ではあまり触れませんでしたが、
せりなちゃんのフ○ラテクは私の体験の中でも随一です。
ひとしきり竿を攻められたのち、袋へとその攻撃対象が移動するのですが、
またその袋への攻撃がたまらないです。
かわいい舌を使いながら一杯に奉仕してくれる見た目そしてその袋の感じる感覚に
すぐにまた放出してしまいそうです。
当然口撃のあとにはπズリも待っております。
豊満なバストに包まれながら、しごかれながら、
その快感に耐える難しさは何とも筆舌に尽くしがたいです。


お風呂でのサービスを終えると、次はマ○トが控えております。


・・・・

ああ、たまらない。
背中に感じる。感じるこの柔らかな肉感。
決して並の女性では感じることのできないこのモチ感。
ああ、はやく表返してほしい。
表返してその柔らかな感触をぜひ視覚で味わいたい。


・・・・


表返されるころには先ほどの大放出をけろりと忘れたかのように反り起つ我が息子。
その反り起つ棒をバベルの塔よろしく今にも崩さんと手や口で攻撃してくるせりなちゃんです。
程よく刺激されたのち、いよいよ包まれてゆきます。
騎○位によって丸飲まれてしまった、バベルの塔。
ぺちゃんぺちゃんとロー○ョンを含んだ肉の触れ合う音とともに
塔はその側面に刺激を受けます。
1回戦よりは多少こらえることができましたが、それでもすぐさま放出です。
バベルの塔は倒壊いたしました。


ロー○ョンを落としてもらい、せりなちゃんのMットお片付けが終わったのち、
再び二人でベ○ドにゴロンします。
まったり会話をしながらも、せりなちゃん私の息子への刺激をやめません。
2回戦の感じから限界ではと感じていましたが、元気を取り戻す息子。
三回戦へ突入です。


正○位→対面○位→○上位と移行し、
最後は突きあげながら、せりなちゃんの頑張る姿と踊るバ○トに欲情し放出いたしました。

終えて一呼吸すると良き時間に。
ささっと着衣し、お別れとなりました。
最後にお名刺もいただき、せりパ○ともお別れのもみもみをして待合室へと戻りました。
このお店の良いところ
送迎、店内、お部屋、すべてにおいて高級感を感じられるとこと
定治チェック
ぴのさん、二回目の投稿ありがとうございます!
約2年半ぶりのご投稿です!ありがとーございます!

まさか…あんなに可愛らしかったぴのさんが、もう社会人ですか(笑)
時がたつのは早いといいますが…この年になると恐ろしくもなります(笑)

しかもただ投稿がなかっただけでなく、吉原自体がお久しブリーフとは!
また戻ってきてくれてよかった!
そのきっかけを作ってくれた嬢にも感謝ですね

それではまたの投稿をお待ちしております!


35ポイント進呈